悟りの真実

「悟り」という言葉

私は悟ったことを割と周りに言いふらしてるが、興味のない人にはどうでもいいことみたい。ちょっと寂しい。そこは他人と私の「悟り」って言葉の解釈の違いかもしれないけど。私が使う「悟り」という言葉はブッダの体験した悟りと同義。ブッダと同じとか言うのは恐れ多い上にレベルが違うと思うけど、分かりやすいのでそういうことにしとく。私の体験した「悟り」についてもうちょっと具体的に書いてみる。ちなみに、私の悟るまでの大まかな流れはこちら。先に読むと分かりやすいかも。

わたしの「悟り」

「悟り」体験は人それぞれ違うと思ってるし、ここに書いてるのはあくまでも私の体験。ネットで検索してみると似たような体験をしている方はいる。悟った人、もっとカミングアウトすればいいのに、と思う。色んな悟りを知りたい。カミングアウトすると、スピリチュアル系なヤバい人と思われがちなので仕方ないけど。まだまだ偏見がある。「悟り」がスタンダードになる時代はいつか来る。最近「悟り」を本気で目指している人との出会いもあったので個人的に興奮してる。

ほんとに何にも無かった

悟りは実際にこの身体で体感できるものだった。悟りとは「無」に入る体験から始まる。「無」に入るというのは、この世界も物質も全てはなんにも無い、ということを体験すること。私が無に入った瞬間を思い出してみると、まっくらでなーんにもない宇宙に放り出されたかんじだった。体感で1秒くらい?錯覚、幻覚ではないと思う。私はただ布団の中で本を読んでいるだけだった。無に入った瞬間全てが腑に落ちた。何にもなかった!そういうことか!と。その事実は強制的に頭に入ってきた。その時のことを振り返り、調べていくうちに仏教の経典には「自分がない」と気づく瞬間のことが詳しく書いてあることを知る。自分の体験と一致するので驚いた。


ちなみにその瞬間は、この本を読んでいるときに起こった。悟りに興味がある人にはおすすめ。私の悟りはこの本のおかげでもある。ブッダの話を聞いているのと同じ状態になったのかも。


信じる力

毎日生活しているこの世界自体が存在していない、という嘘みたいな話を完全に「信じる」ことはできるのだろうか?悟る前、私は現実世界にどこか違和感を感じていたけれど、現実はリアルだし確かに存在していた。実際に確認することができたからこそ「無」だと信じることができたんだろう。「信じる」力が強い人の方が悟りやすいのかもしれない。体験した側が一生懸命に語ったとしても、きっと多くの人は信じることが出来ない。だから悟りは難しい。その瞬間が訪れるのを待つしかないのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA