3月も終わり

3月も終わり

今週は雪の春分の日からはじまって、久しぶりの停滞期でした。 気圧の変化に弱い私は体にダイレクトにきます。 そのせいもあるかも。 悟ってから、日々の出来事→思考→発見 の連続でそれがなにより楽しいのですが そのルーティンが …

Read More Read More

ブッダとイエス

ブッダとイエス

ブッダとイエスの違いについて考えてみた。 思いついたままなので間違いは許して。 ブッダは生まれた時は人間だった。 王族に生まれ、人間について悩み、出家した。 その後菩提樹の下で悟りを開く。 悟りを求める弟子たちにかこまれ …

Read More Read More

わたしの好きな人

わたしの好きな人

私が好きになる人って共通点があることに気づいた。 それは、自分の気持ちを隠さない人。 たとえば中学高校の同級生たち。 大学卒業後から急に仲良くなって今は毎月のように集まっている。 この人たちは本当に自分勝手でわがままなん …

Read More Read More

このブログについて

このブログについて

わたくし、pancyanは2017年10月に「悟り」ました。 それは、突然であり、長年求めてきた答えでもありました。 原始仏教の教え、そして落合陽一先生(いきなり!)によって そこにたどり着きました。 「悟り」とはなにか …

Read More Read More

アセンション2

アセンション2

またまたメタフィジックス通信より。 アセンション症状としての忘れっぽさ またアセンションのプロセスにおいて、エネルギー的な変化を経験する場合、そのエネルギーを体内で処理するのに体の機能を使い、日常の些細な出来事にまで気を …

個人的な神様

個人的な神様

こんにちは。ラムニンです。オカルト本ではないのだけど、今日はいくつか本を紹介したいと思います。信仰だと思うことを書くけど特定の宗教のことは1mmも入ってないです。 夜と霧 ヴィクトール・エミール・フランクル(Viktor …

アセンション1

アセンション1

スピリチュアル界隈では、悟ったことを アセンションしたとか、アウェイクニングとか、シフトするとか いろいろな表現があるようだ。 最近メタフィジックス通信というサイトが好きでよく見ている。 アセンション症状についての記事が …

SFのはなし

SFのはなし

つねちゃん(漫画家)とSFの話をした。 彼が好きなのは80年代SF。今連載しているところで、 海外向けにも発表するらしいのでアメコミっぽく、 あちらの人に受けるような表現でその漫画を描いている。 アメリカでは80年代SF …

人間と小さな生き物

人間と小さな生き物

人間は高性能な計算機能(脳)を持っている。 昆虫などの小さな生き物は、必要最小限の計算機能を持った生き物だ。 人間は、ある国に生まれ、その社会でインプットしたデータをベースに多様な考えをもつ人間たちとなる。 そして、高性 …