悟りレベル よるか

悟りレベル

原始仏教の教えによると、悟りには段階がある。

預流果(よるか)

一来果(いちらいか)

不還果(ふげんか)

阿羅漢果(あらかんか)

悟りはこの順番で起きる。預流果から始まり、阿羅漢が人間が到達できる最高の状態の悟りらしい。じつは、私の悟りの衝撃体験は二度起きた。自分の中で「第一の悟り」「第二の悟り」と勝手に呼んでる。こちらのサイトで、悟りの段階を詳しく説明をしてくれているので引用させていただく。わたしの預流果「第一の悟り」はまさにこんな感じだった。

瞑想したり集中して仏法の話を聞いたりしている最中に、一瞬でも「私」がいない、何もない瞬間を「体験」して、「ああ、『私』がいるわけではないのだ」と納得した智慧が生まれ、有身見が消えるのです。「無常を悟る、無我を悟ることが仏教だ」と言われる、その無常、無我を一瞬だけでも「体験」して、「我がある」という邪見・煩悩が、単なる知識として分かるのではなく、本当に消えるのです。

わたしの二回の悟り体験がどういうものだったのか。誠に勝手ながら振り返ってみたいと思います。

宇宙なお寺

2017年夏、家族で京都旅行へ行った。京都在住の友人に勧められ、鞍馬寺へ行くことになった。そしてこのお寺がきっかけで仏教について初めて興味を持つ事になった。私の家は無宗教だけど、母方の実家はキリスト教である。キリスト教の中高にも行っていたので、イエスさまの方がなじみ深い。神棚とか、初詣とか、神道行事にもほとんど関わりがない家だった。鞍馬寺は宇宙を本尊としているお寺で、スピリチュアル女子に人気らしい。本尊の3人の神様も興味深い。お参りをして、本殿前にある宇宙パワーが注いでくるという、六芒星のマークがあるところに立ってみた。この時は特になにも感じなかった。その後貴船神社まで抜ける山道を母と登ったのだけど普段まったく運動しない私なのに、力がみなぎり、一気に登って降りることができた。あっというまだった。良く山登りをしている母は、そんな私を見て不思議がっていた。

原始仏教とは

その後自宅に戻り、家にたまたまあった密教の本を読んでみた。

空海や最澄など、密教の日本史について学ぶ。仏教の奥深さを感じ、ネットで調べはじめると仏教のはじまりとなる「原始仏教」が気になりだす。仏教の最終目的というものは「悟り」らしい。具体的にどういうことなのか。「悟り」には、この世界の真実に近いものがあるのではないかと感じた。量子力学について興味を持ったのもこの頃。この世界は仮想現実なのでは?と疑いはじめていた。ある時友人に「ここはコンピューターシュミレーションの中なのかもしれない。」と言ってみたことがある。友人は「その思考はやばいね」と怪訝な顔。私は昔からこの世界(宇宙とか地球)がいったいなんなのか、真実をなんとなく探していた。UFOを見たことがあるし、不思議な体験もたまにある。UFOは実在するのか?不思議な体験の原因は?陰謀論も大好きで暇さえあればオカルト情報をネットで検索していて、精神がおかしいのかも、、、と思うこともあった。だけど、目に見えないことへの好奇心は尽きなかった。親しい友人たちは私を変な奴だと思っていると思う。だけど私は33歳になっても、真実を知ることの方が現実世界よりも大切な気がしていた。

悟りと神秘体験

「悟り」を調べるうちに、松果体に秘密がありそうだと感じた。松果体は人間にある不思議な器官。南米アマゾンのシャーマンが儀式に使用する「アヤワスカ」という飲み物があるのだが、これは強力な幻覚を引き起こすDMT(ジメチルトリプタミン)が主な成分。なんと人間の松果体からは少量のDMTが作られている。なぜこんなものが体内で作られているのか。それは脳のリミットを外すためにあるのではないかという仮説を見つけた。ネットフリックスにあったDMTのドキュメンタリーを見た。DMTを接種した人たちの多くは高次の存在に出会うらしい。神様のようなものなのか。仏教で悟るためにする修行はひたすら自分の感情を観察する作業。最近流行のマインドフルネスとか、ヴィパッサナー瞑想とかいうやつ。これを極めるとなにかすごいことが起きるらしい。苦行もリミットを外す方法として同じことなのかもしれない。DMT接種で体験することと、仏教の「悟り」って行き着く先は一緒なんじゃないかと考えた。これまた偶然にたどりついたサイトでなんとDMTを合法的に接種できる方法をみつけてしまった。さっそく試してみた。結果は、、、ものすごくキマった。目の前に今まで体験したことのないカラフルすぎる色彩が現れた。何かにひたすら納得していたのをかすかに覚えている。これはこれですごい体験だったのだけど「悟り」にはたどり着けず。それ以来DMT体験はしていない。瞑想を始めてみたり、幽体離脱できるCDを聞いたり、水晶をおでこに当てたりしてみた。でもどれも続かなかった。不思議な体験は少しあった。

三度目のぎっくり腰

何年かぶり人生3度目のぎっくり腰をした。すごく痛いしトイレにも一人で行けない。再発した情けなさと体への不安を感じながらも、とにかく安静第一なのでベッドで読書をすることにした。kindleで何冊か買ってあった仏教の本のうちの一冊。魚川 祐司さんの 「仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か―」 を読むことにした。

仏陀が当時何を伝えていたのか。この本は本当の仏教に触れているような気がした。のめり込みながらもくもくと読む。そして、ついにその瞬間は訪れた。あっさりと静かに布団の中で。その時ひらめきが起きた。「この世界はただ生じては滅するの繰り返しなんだ!!!」という確信。頭に何かが直接入ってきたような感じ。説明しがたい感覚。驚きでしばらく視界はぼやけていた。なんだか分からないけど、世界のことが突然分かった。この日はもう本を読むことをやめ、あたまのなかで宇宙のことをぐるぐると考え続けていた。同僚でオーラが見えるKさんが、腰を痛めるときは人生の転換期だよって教えてくれたことがある。まさにそうなった。

次の日、通勤中に本の続きを読みながら生まれて初めての幸福感につつまれていた。ぎっくり腰は治った。大嫌いな通勤電車の中が輝いている。苦しみのないこの世界。すごいことが起きてしまったと思った。これが「悟り」だと感覚的に分かった。人生が突然開けた。この時は1週間くらい最大級の幸せが続いた。

この世は色即是空、空即是色

突然の「悟り」からこの世界の仕組みが分かった。私たちが現実だと思っている全てのものは本当は無い。この時の私は「無いのだからこの世で起きている全てのことは意味が無いんだ」と考えていた。将来のこと、お金のこと、そういったことに悩まなくていい。本当は、人間は生まれたときから死ぬまでずっと幸せで、何も心配する事などなかったのだ。それに気づくのが悟りだった。私は自由を手に入れたし、人間として残りの人生をどう生きていこうかと考える。この世界で生きていくにはめんどくさいことが沢山ある。だけど今まで感じていた、漠然とした不安、虚しさ、そして欲もなくなった。これだけで今までの人生とは全く違う。ゆったりと楽しいことだけをして生きていこうと思った。

この世界のかなしみ

朝、目がさめると、また今日が始まる、、、と不思議な気持ちになる。悟ったけれど世界はなぜか続いている。そして世界にはまだまだ苦しみがある。全世界の人たちが悟りを体験したらどんな世界になるのだろう。争いもなくなるはずだ。今生きているこの世界が変わることがないことに、かなしみを感じていた。

悟りレベル いちらいか へつづく。

悟りレベル よるか」への2件のフィードバック

  1. 悟りの名前が果なのと松果体が松の果なのは関係あるのかな。
    知恵の実も果実だしね。

  2. さすが目の付け所が違う。関係あるとおもう!!人間は無意識に名前をつけるかもしれないけど、そこに実は意味がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA