【速報】変なものみた

神秘体験をした

日常日記にも書いたけど、

ユングの本を読み終わったあと不思議なことが起きました。

おもしろオカルト体験だったので、記録しときます。

この本読んだあと。素晴らしい一冊。


オカルト体験の詳細

ベッドの中で本を読み終わり、ひどく興奮していた。

自分の人生、ユングの人生のことを考える。ユング同様、私の人生も幸せだなぁ、とつくづく感動していた。

いつのまにか夢を見ていた。

私は、薄暗い神殿のようなところにある、お風呂のようなものに浸かっていた。

私は女なのに股の間に男性のアレが生えていた。お風呂の横に落ちていたリカちゃん人形をつかみ、その人形とセックスをした。

気持ちいいなぁ、と感じた瞬間から水の中で溺れていた。ブクブクと水の中にいる音がする。苦しいのに心地よい。

溺れているので少し焦りはじめる。すると、いつものベッドの中にいる映像に変わり、「夢だったんだ」とホッとする。

しかし、身体はまだ水の中に浸かっている感覚のままだった。その違和感を認識する間も無く、目の前に美しい模様が現れはじめた。

それは色とりどりのステンドグラスのようで、とてもとても美しい。その美しい色と形は流れるように変化していて、聞こえてくる音楽との一体感があった。

その音楽は今まで聞いたこともないようなもので、様々な音が重なり合い調和している。耳で聴いているというよりも、全身に響いているようだった。

ステンドグラスのような模様の一部に目が現れる。それは人間の片目で、まばたきをしていて、瞳の色が次々と入れ替わる。

私はその瞳を見つめながら「幸せな人生でありたい」と言葉を発していた。(実際には発していないはず)すると、女の人の声が聞こえはじめた「クミ・・・」

と、ここで現実に引き戻される。

夢ではない、なにか。

ここに書いた以外にも何か見てたけど、忘れた。見たものは、言葉だけでは到底表現できないもの。あんな美しいものは初めて見た。不思議なのは強烈すぎるイメージなのに、静寂の中だったこと。すごいものを見ているのに、心は「無」。夢とは明らかに違う。天国のような涅槃のようななにか。もうちょっと体験していたかった。体感時間は5分もなかったような。ドキドキしてしばらく眠れなかった。


神秘体験の実態とは

瞑想で見るもの、幻覚剤で見るもの、ヨガのクンダリーニ覚醒、幽体離脱などは全て同じようなものだろう。これらを変性意識状態とも言う。スピリチュアル情報によると「ヒプナゴシア」とも言うらしい。そして、仏教で言う「禅定(ぜんじょう)」ていうのも、この体験のことかと思ったので、ちょっと調べてみた。

禅定も変性意識状態?

禅定とは、仏教修行で心を集中し静めること。瞑想、座禅など禅定に入る方法は色々ある。

仏陀も悟る前から「禅定」に入って遊んでいたという話がある。遊んでいるというくらいだから、楽しいところなのだろう。以前、悟りの四段階を紹介したが、禅定には九段階あった。そして「悟り」と「禅定」は違うものらしい。

関連記事:悟りレベル よるか

禅定の9段階!

禅定は全部で九段階に分けられています。それは三つのグループに細分できます。一つ目は四つのグループ。二つ目も四つのグループ。三つ目が、一つだけ異色のものです。最初の四つのグループは「色界四禅」と呼ばれます。色界とは、世界を欲界・色界・無色界の三つに分ける時の色界です。

引用元:仏教的に正しい禅定の作り方

つまり世界は、おおまかに欲界・色界・無色界に分けられる。引用元から簡単にまとめてみた。


欲界=日常の世界。私たちが五感でいろいろ感じてること。

禅定九段階

色界(四段階)=空間あり、エネルギーのみ。物質、対象に集中している状態。

無色界(四段階)=空間、物質なし。心だけの状態。

滅尽定=心なし。生が滅する。阿羅漢になった人だけ入れる。


私の今回の体験は色界のどこかなのだと思う。きっとエネルギーを見ていたんだ。最後の滅尽定(めつじんじょう)は最長7日間続いて、細胞活動も休止するらしい。すごいね。想像もつかない世界。

禅定に入ったきっかけ

今回の体験は、本を読んだのが引き金となった。読み終わった後に、ユングに共感して興奮し、さらに幸福を感じ、いい感じに脳内物質が出たのでしょう。最近、自分が本当に幸福であり、生まれてきて本当に良かった、と心から思える瞬間がある。悟りを得て、自分が何の為に生まれてきたか分かったからこそ、感じられる幸福感なのです。


禅定に入る=半分死んでる

へんなもの見てる最中、足を真っ直ぐに伸ばして、手はグーで、それを交差してたんだよね。無意識に。

その体勢を保ったまま、足先から頭までがジーーーンとしている。

この格好ファラオの棺のあれと一緒じゃん!!と思った。

こんなかんじね。というか、死人はそもそも手を組ませる。

あちらの世界へ行ったという意味なのか。

半分死にたい方は、この体勢ぜひおためしあれ。

それにしても、最後の言葉の続きがすごい気になる〜クミのあと何〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA