作者別: pancyan

この世界の真実

この世界の真実

みなさま大変おまたせいたしました。
突然ですがこの世界の真実を発表したいと思います。
この世界は全て人間の妄想の中でした…!!
他サイトの引用になりますが、仏教が人間のしくみを説明してくれています。

妄想を作る働き(Papañca)

ヴィタッカの次に、とんでもないことが始まります。「パパンチャ・papañca」ということ。ヴィタッカは「花」とか「人」とか「建物」などと瞬間的に考えることですが、その後に、欲や怒り、憎しみ、悲しみ、後悔、嫉妬などのさまざまな感情が湧き起こってきて、頭の中でごちゃごちゃ考え始めるのです。これをパーリ語で「パパンチャ」と言います。パパンチャは訳しにくい言葉ですが、「現象」とか「妄想」という言葉が一番適切で、理解しやすいでしょう。実際には無いものを有ると考えて、実体化、固定化することです。

たとえば四人で友人の家に行ったとしましょう。部屋に入ると新しいカーテンが掛かっているのが見えました。見えた瞬間、四人とも「カーテンだ」と分かります。これはヴィタッカの働きです。次の瞬間、それぞれの人の心に何らかの感情が湧き起こり、知識というへんなものが生まれてくるのです。たとえばAさんはカーテンを見て「明るくてきれい」と言うし、Bさんは「色は好きだけど模様がへん」と言います。Cさんは「色が派手すぎる」、Dさんは「色も模様も好きだけど生地が薄い」などと、みんな別々のことを言うのです。ですから、同じ一つのものを見ても「何を考えるか」は人によって違うのです。みんな、自分の頭の中で合成して現象化したものを喋っているのであって、事実を喋っているわけではありません。このようにして、外のものが眼に触れた瞬間、心の中に「妄想」という複雑で巨大なエネルギーが現れてくるのです。

人間が考えたことが現実となった世界がここなのです。
実は「悟る」ということはこれが完全に分かる、ということなのです。
なんと、現実世界において量子力学でそれが証明されているのです。
私たちをつくる元になっている小さな小さな単位、原子。さらに小さな単位は素粒子。
原子というものは、原子核のまわりに電子が回っているのですが、
電子の場所は分かりません。しかし、確率で電子の場所がだいたい分かります。
もやもやとした雲のようなもので確率を表すことができます。
これを電子雲と言います。雲が濃いところに電子がいる確率が高いのです。
そして、人間が電子の位置を特定した瞬間に電子雲はシュッっと消えて、
位置が決定されるのです。

そして、有名な二重スリット実験も分かりやすいと思います。

素粒子は人間が観察するかしないかで、動きを変えるのです。
まるで人間が見ていることを知っているかのように。
そんな物質がこの私たちの世界を作っているのです。
もやもやしたものが世界を作っているとは不安すぎやしませんか?

このことがなぜ現実世界になるのか。
すごくおおざっぱにいうと、もやもやとした不確定な原子は、
人間の決定によってその姿をはっきりとさせます。
つまり人間が自分の意志で決めたことが現実に収束するのです。
これが人間の意志がこの世界の物質を作り出しているということの証明なのです。
妄想といえども、作られたから現実なのです。
人間は目や耳や鼻という感覚器官を通し、脳みそで妄想として感じたものを
こうだ!と決定します。それを出力し、現実社会を作り出します。
原始仏教で教えていることは、量子力学で解明されようとしているのです。
信じるか信じないかはあなた次第です。

とかなんとか言って、量子力学難しいのでへんなとこはお許しください。
でもだいたいこーゆーことだと思ってます。
この世界で起こる全てのことに真実は隠されている。
いや、隠されていないのに気づかないだけなんだ。

3月も終わり

3月も終わり

今週は雪の春分の日からはじまって、久しぶりの停滞期でした。
気圧の変化に弱い私は体にダイレクトにきます。
そのせいもあるかも。
悟ってから、日々の出来事→思考→発見
の連続でそれがなにより楽しいのですが
そのルーティンが停止すると悟る前の感覚が戻ってくる。
何をしたらいいのか分からなくてやる気がでない、というやつ。
ぼーっとしてすこし暗くなってしまう。そして退屈。
まだこの感覚はあるんだなぁ、という不思議な気持ち。
動き出せば退屈から抜けるのは分かるのに、停滞を選んでいる今週。
停滞しながらも気づきはあったな。嫌いなものを再確認した。
それをこの世界から取り除くのが必要だと強く感じた。
2018年3月はわたしにとって区切りの月。
あとちょっとがんばります。

ブッダとイエス

ブッダとイエス

ブッダとイエスの違いについて考えてみた。
思いついたままなので間違いは許して。

ブッダは生まれた時は人間だった。
王族に生まれ、人間について悩み、出家した。
その後菩提樹の下で悟りを開く。
悟りを求める弟子たちにかこまれ、真実を伝えていた。
弟子のアーナンダはなかなか悟りにたどり着けなかったため、
常にブッダのそばにいてブッダの言葉をそのまま記録した。
ブッダは宗教にはせずに、サンガという学校のようなシステムをとった。
(日本の仏教は宗教になっているけども。)
そのままの言葉が今に残っている。しかもわりと分かりやすい気がする。
ブッダの教えは最近だと自己啓発に思われがち?

イエスは生まれたときから神だった。だから周りもはやし立てた。
イエスの伝えたいことは神の言葉になり
人々は言葉よりも神自体を崇めてしまった。
イエスは目立ちすぎて殺されるし、復活はするけどそれもまたセンセーショナルで
さらに周りは神とあがめる。弟子にもユダみたいなのいるし。
結果的にイエスが禁止していた偶像崇拝になってしまった。
聖書を読む限り、抽象的すぎてわかりにくい気がする。
わたしは中高キリスト教系学校だったけど聖書の時間はだいたい寝てたなー。
でもイエスの伝えたかったことも、この世界の真実だと思う。

私はキリスト教になにかと縁があるのでもっと探っていこうかな。
聖書読まなきゃ。ポイントは神様と悪魔だとなんとなく思います。
二元論です。ちなみに二元論を超えられると悟れるとおもいます!

わたしの好きな人

わたしの好きな人

私が好きになる人って共通点があることに気づいた。
それは、自分の気持ちを隠さない人。

たとえば中学高校の同級生たち。
大学卒業後から急に仲良くなって今は毎月のように集まっている。
この人たちは本当に自分勝手でわがままなんだけど、それをお互いが認めている。
間違っていることに対しては本気で怒る。とにかく自由。そしてとにかくうるさい。
でも一緒にいて楽だし、私ものびのびできる。

忘れられないエピソードがある。
友人の結婚式にこのグループの何人かで呼ばれて、同じテーブルについた。
披露宴も中盤、新郎友人側の出し物が始まった。
会場の人からお金を集めて、それを新郎新婦へご祝儀としてプレゼントし
さらに会場の1名に抽選でディズニーランドチケットをプレゼント、というものだった。
集金係の男性が回ってきたんだけど、なんと私たちのテーブルのみ参加しませんと
宣言して誰一人払わなかった!!男性は困惑してた。あの時のひとごめん。
私達はご祝儀も払っているのになんでまたお金を払うのかと。
この出し物はないわー!!と。強い。
この行動は常識がないと言われるのかもしれない。
心からお祝いしたくてお金を払う人もいるだろうし、
お祝いの場であるということを考慮して
もしくは周りに合わせてお金を払った人もいると思う。
でもわたしは払わない選択肢はありだと思った。
いまの結婚式って参加だけでもすごくお金がかかるから、、、

自由人な私でさえこの友人たちと行動する時ちょっとヒヤヒヤする。
だけど自分の心を一番大切にして、
行動に移すことのできるこの人たちが最高に大好きである。
もちろん世間に合わせなきゃいけない場面だってある。
自由な友人達もちゃんと会社員やってるし、それなりに仕事ができるみたい。
いまの社会においてはそのバランス感覚も大切なんだろうな。

自分の心を大切にした結果、相手を困らせるのはどうなの!?
と言いたい人がいると思う。現に集金係りの男性はあのとき困ってた。
その気持ちも分かるけど、自分の心を大切にしないと
相手に配慮するとか、常識に合わせるということがどんどん過剰になっていく。
過剰になると、それを周りにも強要するということが起きる。
その先には争いがある。
最近日本でも過剰ゆえに起きた事件がいくつかあった。
コロコロコミックス回収とか、マルイの太もも展中止とかとか、、、
可視化されてきているのは、みんなが向き合うべき時期なのではないかな。

とにかく私は常識にしばられないひとたちを愛している。
だけど本来全ての人間はこれが出来ることも知っている。

このブログについて

このブログについて

わたくし、pancyanは2017年10月に「悟り」ました。
それは、突然であり、長年求めてきた答えでもありました。
原始仏教の教え、そして落合陽一先生(いきなり!)によって
そこにたどり着きました。
「悟り」とはなにか?wikiではこんなかんじ。

「悟り」を物事に対する気づきと捉える人、スピリチュアルな何かとか、
自己啓発とか怪しいイメージを持っている人もいるかも。
が、ちょっとそっちのイメージを離れてほしいと思っています。
「悟り」で得たものは、びっくりするような、この世界の真実でした。
悟りで導き出された答えはすごくシンプルなのに、
人間にはこれを理解するのがとても難しい、ということも分かりました。
この真実が分かると、今私たちが生きている現実世界にすごく応用が効きます。
すんごく生きやすくなります。
そういった意味では自己啓発というのは合っている。
スピリチュアルも実は合っている。ややこしい。
そんな「悟り」の一部始終をこの現実世界での出来事を通して
ブログで伝えてみようという試みです。
そして、まだまだ学びの途中でもあるので、記録していきたいのです。

仏陀は自分の教えでさえも弟子たちに「信じるな、疑え」と言っています。
それは日常生活でも大切なことだと思います。
何か一つを信じすぎてしまうのはちょっと危険。
わたしも、いろんなものを信じたり疑ったりの繰り返しでした。
でもそんな試行錯誤を繰り返したことが悟りへの道でした。
遠くて近い未来みーんなが悟る時代は必ず来ると思っています。
今は悟らない人ももちろんいます。それはそれで全然いいのです。
だけどこの世界は、求める者には答えを用意してくれていたりします。
ちなみに落合先生は全人類総悟りの世界にしようとしている人。
実はテクノロジーってすごい。そのあたりもおいおい。

そして偶然(必然)にも集まった、
私のことを理解してくれている二人にも記事を書いてもらっています。
すごい二人です。ソウルメイトってやつです。
どうぞよろしくお願いいたします!

アセンション2

アセンション2

またまたメタフィジックス通信より。

アセンション症状としての忘れっぽさ
またアセンションのプロセスにおいて、エネルギー的な変化を経験する場合、そのエネルギーを体内で処理するのに体の機能を使い、日常の些細な出来事にまで気を回せなくなるといった現象も起こります。これらの症状の場合、エネルギーがある程度、統合されれば落ち着きますが、どれくらい時間がかかるかは、本当に人それぞれですし、アウェイクニングの段階にもよります。

これ!!
ここ何年か、本当に忘れっぽくて自分でもちょっと怖かった。
昨日のちょっとした出来事が全然思い出せないことが多くて困ってた。
アセンション症状だったのねー。なるほど。
でも、悟りに必要だった重要な出来事はしっかりと覚えているのが不思議。
忘れっぽさは今は少しましになっていると思う、、、たぶん。

アセンション1

アセンション1

スピリチュアル界隈では、悟ったことを
アセンションしたとか、アウェイクニングとか、シフトするとか
いろいろな表現があるようだ。
最近メタフィジックス通信というサイトが好きでよく見ている。
アセンション症状についての記事が面白かった。
あてはまったのもあった。

1.3桁のゾロ目の数字
時計や車のナンバーなど、あらゆる場所に3桁、もしくは2桁、4桁のゾロ目の数字が表れます。
特に11:11(イレブンイレブン)が有名どころですが、それ以外にも、2:22、3:33、10:10、8:55など、
奇妙なシンクロニシティーが常に起こります。
高次のエネルギーが、あなたの注意を引こうとしているのです。

ゾロ目はよく見た。
夜中ふと目が覚めて、時計見るとゾロ目だったり。
ナンバーの意味とかよく調べてた。

3.生活のシンプル化
身の回りの所有物やライフスタイル、生活習慣などについて、
自分に本当に必要な最小限度にシンプル化したいという要求が生まれます。

悟り前〜後は物欲が割となくなって、家のいらないものをいろいろ売った。
あと粗大ゴミもたくさん出して、家をすっきりさせた!

4.感覚の鋭敏化
神秘的な体験やシンクロニシティーの増加、これまで注意を向けてこなかったか、信じられず、受け入れてこなかった世界観への理解が深まります。

昔からたまにあったけど、悟り後、部屋の植物が水を欲してる感じが分かったような気がする。気がするだけかも。

7.皮膚のトラブル
皮膚は、毒素の排出器官としても機能します。感情の浄化やエネルギーバランスの不和が、かゆみや吹き出物、肌荒れなどの皮膚トラブルとして現れることもあります。

これは!!悟り後、脳みそフル回転で宇宙のことが次々とわかっていった時期、口の周りに吹き出物が大量発生した!吹き出物なんてこんなにできたの初めてだったので何事かと思ったがアセンション症状だったのか。揚げ物の食べ過ぎという説もある。

10.耳鳴り
ホワイトノイズ(テレビの砂嵐のようなコンスタントな音)、電気音などが強くなり、それがメッセージとなって聞こえることがあります。

これも最近多かった。耳鳴りはよくあるからあんまり気にしてなかったけど。
メッセージは聞こえないから聞いてみたい。

13.あらゆる人や状況が、自分のティーチャーとなる
自分の前に現れるあらゆる人や状況が、まるで自分をより深く知るためのヒントを与えてくれるティーチャーになります。映画や本、出来事だけでなく、太陽や地球、星、自然など、文字通り、ありとあらゆるものから、より良く生きるためのヒントを学びます。

これはもう悟ってからすごい。人に会って、はなして、そのことを反芻することによって自分のことがもっと分かるし、世界のことも分かるようになる。自分の過去の体験とかも、思い出して考えるといろいろ発見がある。この感覚は今までなかったのでとても楽しいし、面白い。

15.高次の視点が日常的なものとなる
スピリチュアルな真実をより深く理解し、あらゆる人のあらゆる道に敬意を払い、それを尊重できるようになります。

これもそうかもー。
ありとあらゆるものに愛を持って接することができている。
この世界では悪と言われているものだって。
本当に心が落ち着いているのを感じる。

17.アカシックレコードとつながる
アカシックレコードにアクセスできるようになると、自分の他の転生での経験を通じて、今ある自分に対するより深い理解が可能となり、なぜ自分はここにいるのか、学ぶべきレッスンとは何かが分かるようになります。

まだアカシックレコードへはアクセスできていないのですが、
地球上での自分の使命をなんとなく探しはじめている。
早くしりたい。誰か教えて。

18.瞑想が深くなる
瞑想を単なるリラックステクニックとして使うのではなく、エネルギーワークや視覚化ワーク、アストラルトラベルなど、より目的を伴うものとして行うようになります。

瞑想は悟り前にちょっとやってたけど、飽きる、、、笑
今は特になんもやってない。

21.集合としての人類に対する理解が深まる
個々の出来事の是非を気にするよりも、集合としての人類のあり方や、その進化を理解し、大きな視点から物事を眺めるようになります。

うん。宇宙からものごとを見るようになった。進化を見守る感じ。偉そー。

こういったスピリチュアルサイトは昔から好きで見ていたんだけど
悟ったあとは本当に意味が分かるし、なるほど!となるので読んでいて面白い。
以前はなんとなーく、こんな世界があるんだろうなぁてかんじだったから。
スピリチュアル界隈の人々は真実を言っていたんだなー。とてもうれしい。

SFのはなし

SFのはなし

つねちゃん(漫画家)とSFの話をした。
彼が好きなのは80年代SF。今連載しているところで、
海外向けにも発表するらしいのでアメコミっぽく、
あちらの人に受けるような表現でその漫画を描いている。
アメリカでは80年代SFが受けるらしい。
空飛ぶ車とか、空中に浮かび上がるディスプレイとかのイメージ。
これってもう近い未来のはなし。
日本はというと、80年代SFはなぜか流行らないみたい。
面白いことに日本で流行った漫画やアニメって
タイムループを題材にしたものが多い。
ひぐらしのなく頃に、シュタインズゲート、まどかマギカ。
日本人はもう近い未来には興味はなくて、その先をみているんじゃないか。
正しい選択することで、未来を切り開く系アニメって仏教ぽい。
輪廻も意識している。最近大ヒットした「君の名は」
見てないけど今あらすじを確認してみた。
これは、、、ループ系であり、愛は時空を超える系だ。
そりゃーヒットするわけだ。
「インターステラー」も愛は時空を超える系映画なんだけど
私は大号泣した。愛は宇宙の本質だよ。
日本人は無意識に輪廻を理解しているし本質をつかんでいる。
日本って国はなんかあるぜ。

追記
「宝石の国」をラムニンに借りて読んだ。
これはすごい。作者悟ってるでしょ。
悟ってないとすればインスピレーションがやばい。
このインタビューを読むと、地球の未来の話を描いているらしい。
日本アセンションきてるわ〜

人間と小さな生き物

人間と小さな生き物

人間は高性能な計算機能(脳)を持っている。
昆虫などの小さな生き物は、必要最小限の計算機能を持った生き物だ。
人間は、ある国に生まれ、その社会でインプットしたデータをベースに多様な考えをもつ人間たちとなる。
そして、高性能ゆえにこの世界のルール「いきのこる」を守るために感情を身につけてしまった。
小さな生き物たちは、この世界を維持するためだけに決められた働きをしている。
環境に合わせて進化もするが、この世界を保つことだけに忠実だ。
人間はどうだろう。感情という機能を備えてしまったがために
とても単純なこの世界の仕組みを理解できなくなってしまった。
人間はそれを知らずに感情に忠実な社会を作り、その社会はいずれ行き詰まる。
この世界の本質をベースにした社会ではないからだ。
悟った人間は、この当たり前の世界の仕組みを知る。
小さな生き物と同様に、自分自身がこの世界を維持するための装置だと気づく。
すると、いままで使われていなかった計算機能部分が解放され
仕組みを理解したうえで、世界を再構築することを試み始める。
人間は人間を救済するために、苦しみを乗り越えて、本質にまた戻っていく。