人間と小さな生き物

人間は高性能な計算機能(脳)を持っている。

昆虫などの小さな生き物は、必要最小限の計算機能を持った生き物だ。

人間は、ある国に生まれ、その社会でインプットしたデータをベースに多様な考えをもつ人間たちとなる。

そして、高性能ゆえにこの世界のルール「いきのこる」を

守るために感情を身につけてしまった。

小さな生き物たちは、この世界を維持するためだけに決められた働きをしている。

環境に合わせて進化もするが、この世界を保つことだけに忠実だ。

人間はどうだろう。感情という機能を備えてしまったがために

とても単純なこの世界の仕組みを理解できなくなってしまった。

人間はそれを知らずに感情に忠実な社会を作り、その社会はいずれ行き詰まる。

この世界の本質をベースにした社会ではないからだ。

悟った人間は、この当たり前の世界の仕組みを知る。

小さな生き物と同様に、自分自身がこの世界を維持するための装置だと気づく。

すると、いままで使われていなかった計算機能部分が解放され、

仕組みを理解したうえで、世界を再構築することを試み始める。

人間は人間を救済するために、苦しみを乗り越えて、本質にまた戻っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA