タグ: 漫画

SFのはなし

SFのはなし

つねちゃん(漫画家)とSFの話をした。
彼が好きなのは80年代SF。今連載しているところで、
海外向けにも発表するらしいのでアメコミっぽく、
あちらの人に受けるような表現でその漫画を描いている。
アメリカでは80年代SFが受けるらしい。
空飛ぶ車とか、空中に浮かび上がるディスプレイとかのイメージ。
これってもう近い未来のはなし。
日本はというと、80年代SFはなぜか流行らないみたい。
面白いことに日本で流行った漫画やアニメって
タイムループを題材にしたものが多い。
ひぐらしのなく頃に、シュタインズゲート、まどかマギカ。
日本人はもう近い未来には興味はなくて、その先をみているんじゃないか。
正しい選択することで、未来を切り開く系アニメって仏教ぽい。
輪廻も意識している。最近大ヒットした「君の名は」
見てないけど今あらすじを確認してみた。
これは、、、ループ系であり、愛は時空を超える系だ。
そりゃーヒットするわけだ。
「インターステラー」も愛は時空を超える系映画なんだけど
私は大号泣した。愛は宇宙の本質だよ。
日本人は無意識に輪廻を理解しているし本質をつかんでいる。
日本って国はなんかあるぜ。

追記
「宝石の国」をラムニンに借りて読んだ。
これはすごい。作者悟ってるでしょ。
悟ってないとすればインスピレーションがやばい。
このインタビューを読むと、地球の未来の話を描いているらしい。
日本アセンションきてるわ〜