タグ: 仏教

ブッダとイエス

ブッダとイエス

ブッダとイエスの違いについて考えてみた。
思いついたままなので間違いは許して。

ブッダは生まれた時は人間だった。
王族に生まれ、人間について悩み、出家した。
その後菩提樹の下で悟りを開く。
悟りを求める弟子たちにかこまれ、真実を伝えていた。
弟子のアーナンダはなかなか悟りにたどり着けなかったため、
常にブッダのそばにいてブッダの言葉をそのまま記録した。
ブッダは宗教にはせずに、サンガという学校のようなシステムをとった。
(日本の仏教は宗教になっているけども。)
そのままの言葉が今に残っている。しかもわりと分かりやすい気がする。
ブッダの教えは最近だと自己啓発に思われがち?

イエスは生まれたときから神だった。だから周りもはやし立てた。
イエスの伝えたいことは神の言葉になり
人々は言葉よりも神自体を崇めてしまった。
イエスは目立ちすぎて殺されるし、復活はするけどそれもまたセンセーショナルで
さらに周りは神とあがめる。弟子にもユダみたいなのいるし。
結果的にイエスが禁止していた偶像崇拝になってしまった。
聖書を読む限り、抽象的すぎてわかりにくい気がする。
わたしは中高キリスト教系学校だったけど聖書の時間はだいたい寝てたなー。
でもイエスの伝えたかったことも、この世界の真実だと思う。

私はキリスト教になにかと縁があるのでもっと探っていこうかな。
聖書読まなきゃ。ポイントは神様と悪魔だとなんとなく思います。
二元論です。ちなみに二元論を超えられると悟れるとおもいます!