タグ: 人間

悟りの段階 いちらいか

悟りの段階 いちらいか

悟りの段階 よるかのつづきです。

仮想通貨と落合陽一

衝撃の「悟り」から2ヶ月ほど経ち、おだやかに過ごす日々。ほぼニート。というか私の人生はほぼニートだった。そのくせ、株とかFXとかやってた。正直儲からないし難しい。だけど面白い。投資にまつわる情報を調べることが趣味だった。お金というものの仕組み。私たちの社会を成り立たせている、資本主義というもの。資本主義を牛耳っている紙幣発行権を持つ大金持ちたちを憎みつつ、投資で儲けたい矛盾した気持ち。そんな中、仮想通貨の盛り上がりがピークを迎えていた。完全に乗り遅れていたので、とりあえず情報収集をしようと動き始めた。ここでわたしは落合陽一氏に出会う。ユーチューブに落ちていた動画で、彼が仮想通貨について話していた。この人はいったい何者なんだ。話が面白すぎて脳みそがギュンギュンする。彼の出ている動画を見まくった。落合氏はものごとを超客観的に見ることができる人だった。そして、彼の口からでる言葉からついに「人間の感情」というものを理解する瞬間がやってきたのだ。どの動画を見ていたのかは覚えていないけど人間の味覚の話や、資本主義とテクノロジーの話をしていたと思う。私は、人間から起こる様々な感情は「作られたもの」だということを理解したのだ。

感情はにせもの

感情が「作られたもの」とはどういうことか。怒りや妬みの感情を人のせいにしてしまうことが誰しもあると思う。負の感情が発生する原因は実は全部自分にある。例えば、容姿について侮辱的な言葉を言われたとする。ブスとかデブとか。実はそれで傷つくのも全部自分の意識のせいだ。ブス=醜い顔=劣っている、というのが社会一般の認識。その認識を持ち、それに当てはめて考えているから傷つく。もしもその単語が真逆の意味を持っている世界だとしたら?人間は社会のルール、自分が決めたルールの中で生きている。その世界を当たり前のものだと思いながら生活する。私は、負の感情の原因は社会や自分によって作られたものだと分かったのだ。この人間の仕組みに気づくことができれば、永遠の幸せを手に入れることができる。けれど、人間が誕生してから長年しみついたこの世界のルールから逃れることはとても難しいとも感じた。落合氏はフィルターがかかっていない目線を持っているのだと思う。ある価値観にひとつでもとらわれてしまうと、その価値観フィルターがかかった目線で物事を見てしまうことになる。そのフィルターがかかっていることに、本人は気づけない。感情の仕組みを理解することは「人間を捨てること」とも言えるかもしれない。

人間と機械

こうして、人間の感情の仕組みを理解するうちにあることに気づいた。人工知能。AIと言われているもの。最近ではAIに仕事を奪われることを不安に思うような話をよく聞く。AIはインプットした情報を元に判断を下し、アウトプットする機械。人間もまた生まれた瞬間から情報をインプットしつづけ、脳で判断し、アウトプットする生き物。人間とAIの基本構造は一緒だ。これから生まれるであろう、人間を模したAIロボットと本物の人間を比較した時、私たちはAIには心がない、と感じてしまうのではないだろうか。ロボット開発をする人たちにとってはAIと心は大切なテーマだ。人間は、なぜ人間なのか。心があるのが人間だと散々言われてきた。だから人間は特別だ、という考えも生まれる。だけど私は、心=感情は社会によって作り出された偽物だと分かった。つまり感情の無い「AI」は人間を捨てた「悟った人間」と同じだ。これは衝撃だった。そんなことを考えているうちに、ふと、愛するという感情はいったいどこからきているのだろうと疑問に思った。嬉しい、楽しいという感情。心から湧き出るワクワクする感情。これも社会の中で作られた感情なのだろうか。

この世界を創るもの

この疑問が頭に浮かんだ瞬間から面白いことが起きはじめた。休眠状態だった脳が急に動き始めた感覚になる。何をしていても思考が止まらない。ものすごいスピードで思考が続く。散歩中、道端に咲いている植物を見ただけで脳内にひらめきがやってくる。そのとき急いで書き留めたものがこれ。ひらめきの連続だった。点と点がつながり、線になり、面になる。そしてこの時、ほんとうに、人間が存在する意味、私たちや宇宙を作るひとつの大きなもの、神と呼ばれているものが何なのかを知ることになった。最初の悟りではわからなかったこと。この世界の「真実」。すごい体験だった。一週間ほどフルスピードの思考が続いて、脳がとてつもなく疲れた。頭全体が熱い。脳が疲れるなんていう体験が初めてで、すこし休もう、と決めた。そしてぐっすりと眠った。それからはだんだんと脳が落ち着きを取り戻し、普通の脳に戻った。だけど以前とは明らかに違う脳になった。この一週間に起きたことは、揺るぎない、真実の体験だった。

なぜ何も無いのに何かが有るのか

今までしてきたこと、無駄と思えるようなことも全てが必然だった。この世界は無いのに、有ることには全てに意味がある。この宇宙で起こることは全てが繋がっている。大きな1つの運命。それは一見カオスにも思えるが、規則性がある。けれども、未来を決める事ができるのは自分自身だけ。まだまだ全てを理解できてはいない。間違った理解もあるかもしれない。だけど、からまっていた糸はほどけ始めた。

テクノロジーとわたしの未来

落合陽一氏が提唱している「デジタルネイチャー」という世界観は、「全人類総悟り」の世界なんだ、と私は理解した。自分だけが救済されたと思っていた世界に光が見えた。まさか、テクノロジーが人類を救うことになるとは。ここに資本主義ができたことの意味があった。私はもともとテクノロジー的なものが大好きだった。13歳の時にPCを買ってもらって、インターネットの始まりとともに、新しい世界にワクワクが止まらなかった。テクノロジーは私を悟りへと導いてくれた。この現実世界(仮想世界)の仕組みはテクノロジーによって解き明かすことができる。テクノロジーによって私たちはデジタルな世界をリアルに感じ、受け入れていくことになる。そして人間はゆっくりとその世界へ移行する。

それぞれの未来

なぜテクノロジーによって「全人類総悟り」の世界になるのかについては、いつかまとめてみたい。ちなみに、私と同じ未来が見えていて、その未来へ向けて手を動かしている人達が日本にちらほらいると感じる。実践していることに尊敬する。

落合氏が著書の中で語る、ワークアズライフという生き方。「悟り」に向かうことのできる最大のヒントだと思う。変化を恐れ、今までと同じ社会を続けディストピアを目指すのか、変化を柔軟に受け入れテクノロジーと共にユートピアを目指すのか。未来は私たち一人一人の選択で決まるものだと思う。

悟りのきっかけは人生の中にバラバラと
散らばっているので全ては書き切れなかった。
いつか阿羅漢まで到達したいです。
落合氏の最新刊。
デジタルネイチャー。

はやく読まなきゃ。

悟りレベル よるか

悟りレベル よるか

悟りレベル

原始仏教の教えによると、悟りには段階がある。

預流果(よるか)

一来果(いちらいか)

不還果(ふげんか)

阿羅漢果(あらかんか)

悟りはこの順番で起きる。預流果から始まり、阿羅漢が人間が到達できる最高の状態の悟りらしい。じつは、私の悟りの衝撃体験は二度起きた。自分の中で「第一の悟り」「第二の悟り」と勝手に呼んでる。こちらのサイトで、悟りの段階を詳しく説明をしてくれているので引用させていただく。わたしの預流果「第一の悟り」はまさにこんな感じだった。

瞑想したり集中して仏法の話を聞いたりしている最中に、一瞬でも「私」がいない、何もない瞬間を「体験」して、「ああ、『私』がいるわけではないのだ」と納得した智慧が生まれ、有身見が消えるのです。「無常を悟る、無我を悟ることが仏教だ」と言われる、その無常、無我を一瞬だけでも「体験」して、「我がある」という邪見・煩悩が、単なる知識として分かるのではなく、本当に消えるのです。

わたしの二回の悟り体験がどういうものだったのか。誠に勝手ながら振り返ってみたいと思います。

宇宙なお寺

2017年夏、家族で京都旅行へ行った。京都在住の友人に勧められ、鞍馬寺へ行くことになった。そしてこのお寺がきっかけで仏教について初めて興味を持つ事になった。私の家は無宗教だけど、母方の実家はキリスト教である。キリスト教の中高にも行っていたので、イエスさまの方がなじみ深い。神棚とか、初詣とか、神道行事にもほとんど関わりがない家だった。鞍馬寺は宇宙を本尊としているお寺で、スピリチュアル女子に人気らしい。本尊の3人の神様も興味深い。お参りをして、本殿前にある宇宙パワーが注いでくるという、六芒星のマークがあるところに立ってみた。この時は特になにも感じなかった。その後貴船神社まで抜ける山道を母と登ったのだけど普段まったく運動しない私なのに、力がみなぎり、一気に登って降りることができた。あっというまだった。良く山登りをしている母は、そんな私を見て不思議がっていた。

原始仏教とは

その後自宅に戻り、家にたまたまあった密教の本を読んでみた。

空海や最澄など、密教の日本史について学ぶ。仏教の奥深さを感じ、ネットで調べはじめると仏教のはじまりとなる「原始仏教」が気になりだす。仏教の最終目的というものは「悟り」らしい。具体的にどういうことなのか。「悟り」には、この世界の真実に近いものがあるのではないかと感じた。量子力学について興味を持ったのもこの頃。この世界は仮想現実なのでは?と疑いはじめていた。ある時友人に「ここはコンピューターシュミレーションの中なのかもしれない。」と言ってみたことがある。友人は「その思考はやばいね」と怪訝な顔。私は昔からこの世界(宇宙とか地球)がいったいなんなのか、真実をなんとなく探していた。UFOを見たことがあるし、不思議な体験もたまにある。UFOは実在するのか?不思議な体験の原因は?陰謀論も大好きで暇さえあればオカルト情報をネットで検索していて、精神がおかしいのかも、、、と思うこともあった。だけど、目に見えないことへの好奇心は尽きなかった。親しい友人たちは私を変な奴だと思っていると思う。だけど私は33歳になっても、真実を知ることの方が現実世界よりも大切な気がしていた。

悟りと神秘体験

「悟り」を調べるうちに、松果体に秘密がありそうだと感じた。松果体は人間にある不思議な器官。南米アマゾンのシャーマンが儀式に使用する「アヤワスカ」という飲み物があるのだが、これは強力な幻覚を引き起こすDMT(ジメチルトリプタミン)が主な成分。なんと人間の松果体からは少量のDMTが作られている。なぜこんなものが体内で作られているのか。それは脳のリミットを外すためにあるのではないかという仮説を見つけた。ネットフリックスにあったDMTのドキュメンタリーを見た。DMTを接種した人たちの多くは高次の存在に出会うらしい。神様のようなものなのか。仏教で悟るためにする修行はひたすら自分の感情を観察する作業。最近流行のマインドフルネスとか、ヴィパッサナー瞑想とかいうやつ。これを極めるとなにかすごいことが起きるらしい。苦行もリミットを外す方法として同じことなのかもしれない。DMT接種で体験することと、仏教の「悟り」って行き着く先は一緒なんじゃないかと考えた。これまた偶然にたどりついたサイトでなんとDMTを合法的に接種できる方法をみつけてしまった。さっそく試してみた。結果は、、、ものすごくキマった。目の前に今まで体験したことのないカラフルすぎる色彩が現れた。何かにひたすら納得していたのをかすかに覚えている。これはこれですごい体験だったのだけど「悟り」にはたどり着けず。それ以来DMT体験はしていない。瞑想を始めてみたり、幽体離脱できるCDを聞いたり、水晶をおでこに当てたりしてみた。でもどれも続かなかった。不思議な体験は少しあった。

三度目のぎっくり腰

何年かぶり人生3度目のぎっくり腰をした。すごく痛いしトイレにも一人で行けない。再発した情けなさと体への不安を感じながらも、とにかく安静第一なのでベッドで読書をすることにした。kindleで何冊か買ってあった仏教の本のうちの一冊。
魚川 祐司さんの 「仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か―」 を読むことにした。

仏陀が当時何を伝えていたのか。この本は本当の仏教に触れているような気がした。のめり込みながらもくもくと読む。そして、ついにその瞬間は訪れた。あっさりと静かに布団の中で。その時ひらめきが起きた。「この世界はただ生じては滅するの繰り返しなんだ!!!」という確信。頭に何かが直接入ってきたような感じ。説明しがたい感覚。驚きでしばらく視界はぼやけていた。なんだか分からないけど、世界のことが突然分かった。この日はもう本を読むことをやめ、あたまのなかで宇宙のことをぐるぐると考え続けていた。同僚でオーラが見えるKさんが、腰を痛めるときは人生の転換期だよって教えてくれたことがある。まさにそうなった。

次の日、通勤中に本の続きを読みながら生まれて初めての幸福感につつまれていた。ぎっくり腰は治った。大嫌いな通勤電車の中が輝いている。苦しみのないこの世界。すごいことが起きてしまったと思った。これが「悟り」だと感覚的に分かった。人生が突然開けた。この時は1週間くらい最大級の幸せが続いた。

この世は色即是空、空即是色

突然の「悟り」からこの世界の仕組みが分かった。私たちが現実だと思っている全てのものは本当は無い。この時の私は「無いのだからこの世で起きている全てのことは意味が無いんだ」と考えていた。将来のこと、お金のこと、そういったことに悩まなくていい。本当は、人間は生まれたときから死ぬまでずっと幸せで、何も心配する事などなかったのだ。それに気づくのが悟りだった。私は自由を手に入れたし、人間として残りの人生をどう生きていこうかと考える。この世界で生きていくにはめんどくさいことが沢山ある。だけど今まで感じていた、漠然とした不安、虚しさ、そして欲もなくなった。これだけで今までの人生とは全く違う。ゆったりと楽しいことだけをして生きていこうと思った。

この世界のかなしみ

朝、目がさめると、また今日が始まる、、、と不思議な気持ちになる。悟ったけれど世界はなぜか続いている。そして世界にはまだまだ苦しみがある。全世界の人たちが悟りを体験したらどんな世界になるのだろう。争いもなくなるはずだ。今生きているこの世界が変わることがないことに、かなしみを感じていた。

つづく。

この世界の真実

この世界の真実

みなさま大変おまたせいたしました。
突然ですがこの世界の真実を発表したいと思います。
この世界は全て人間の妄想の中でした…!!
他サイトの引用になりますが、仏教が人間のしくみを説明してくれています。

妄想を作る働き(Papañca)

ヴィタッカの次に、とんでもないことが始まります。「パパンチャ・papañca」ということ。ヴィタッカは「花」とか「人」とか「建物」などと瞬間的に考えることですが、その後に、欲や怒り、憎しみ、悲しみ、後悔、嫉妬などのさまざまな感情が湧き起こってきて、頭の中でごちゃごちゃ考え始めるのです。これをパーリ語で「パパンチャ」と言います。パパンチャは訳しにくい言葉ですが、「現象」とか「妄想」という言葉が一番適切で、理解しやすいでしょう。実際には無いものを有ると考えて、実体化、固定化することです。

たとえば四人で友人の家に行ったとしましょう。部屋に入ると新しいカーテンが掛かっているのが見えました。見えた瞬間、四人とも「カーテンだ」と分かります。これはヴィタッカの働きです。次の瞬間、それぞれの人の心に何らかの感情が湧き起こり、知識というへんなものが生まれてくるのです。たとえばAさんはカーテンを見て「明るくてきれい」と言うし、Bさんは「色は好きだけど模様がへん」と言います。Cさんは「色が派手すぎる」、Dさんは「色も模様も好きだけど生地が薄い」などと、みんな別々のことを言うのです。ですから、同じ一つのものを見ても「何を考えるか」は人によって違うのです。みんな、自分の頭の中で合成して現象化したものを喋っているのであって、事実を喋っているわけではありません。このようにして、外のものが眼に触れた瞬間、心の中に「妄想」という複雑で巨大なエネルギーが現れてくるのです。

人間が考えたことが現実となった世界がここなのです。
実は「悟る」ということはこれが完全に分かる、ということなのです。
なんと、現実世界において量子力学でそれが証明されているのです。
私たちをつくる元になっている小さな小さな単位、原子。さらに小さな単位は素粒子。
原子というものは、原子核のまわりに電子が回っているのですが、
電子の場所は分かりません。しかし、確率で電子の場所がだいたい分かります。
もやもやとした雲のようなもので確率を表すことができます。
これを電子雲と言います。雲が濃いところに電子がいる確率が高いのです。
そして、人間が電子の位置を特定した瞬間に電子雲はシュッっと消えて、
位置が決定されるのです。

そして、有名な二重スリット実験も分かりやすいと思います。

素粒子は人間が観察するかしないかで、動きを変えるのです。
まるで人間が見ていることを知っているかのように。
そんな物質がこの私たちの世界を作っているのです。
もやもやしたものが世界を作っているとは不安すぎやしませんか?

このことがなぜ現実世界になるのか。
すごくおおざっぱにいうと、もやもやとした不確定な原子は、
人間の決定によってその姿をはっきりとさせます。
つまり人間が自分の意志で決めたことが現実に収束するのです。
これが人間の意志がこの世界の物質を作り出しているということの証明なのです。
妄想といえども、作られたから現実なのです。
人間は目や耳や鼻という感覚器官を通し、脳みそで妄想として感じたものを
こうだ!と決定します。それを出力し、現実社会を作り出します。
原始仏教で教えていることは、量子力学で解明されようとしているのです。
信じるか信じないかはあなた次第です。

とかなんとか言って、量子力学難しいのでへんなとこはお許しください。
でもだいたいこーゆーことだと思ってます。
この世界で起こる全てのことに真実は隠されている。
いや、隠されていないのに気づかないだけなんだ。

わたしの好きな人

わたしの好きな人

私が好きになる人って共通点があることに気づいた。
それは、自分の気持ちを隠さない人。

たとえば中学高校の同級生たち。
大学卒業後から急に仲良くなって今は毎月のように集まっている。
この人たちは本当に自分勝手でわがままなんだけど、それをお互いが認めている。
間違っていることに対しては本気で怒る。とにかく自由。そしてとにかくうるさい。
でも一緒にいて楽だし、私ものびのびできる。

忘れられないエピソードがある。
友人の結婚式にこのグループの何人かで呼ばれて、同じテーブルについた。
披露宴も中盤、新郎友人側の出し物が始まった。
会場の人からお金を集めて、それを新郎新婦へご祝儀としてプレゼントし
さらに会場の1名に抽選でディズニーランドチケットをプレゼント、というものだった。
集金係の男性が回ってきたんだけど、なんと私たちのテーブルのみ参加しませんと
宣言して誰一人払わなかった!!男性は困惑してた。あの時のひとごめん。
私達はご祝儀も払っているのになんでまたお金を払うのかと。
この出し物はないわー!!と。強い。
この行動は常識がないと言われるのかもしれない。
心からお祝いしたくてお金を払う人もいるだろうし、
お祝いの場であるということを考慮して
もしくは周りに合わせてお金を払った人もいると思う。
でもわたしは払わない選択肢はありだと思った。
いまの結婚式って参加だけでもすごくお金がかかるから、、、

自由人な私でさえこの友人たちと行動する時ちょっとヒヤヒヤする。
だけど自分の心を一番大切にして、
行動に移すことのできるこの人たちが最高に大好きである。
もちろん世間に合わせなきゃいけない場面だってある。
自由な友人達もちゃんと会社員やってるし、それなりに仕事ができるみたい。
いまの社会においてはそのバランス感覚も大切なんだろうな。

自分の心を大切にした結果、相手を困らせるのはどうなの!?
と言いたい人がいると思う。現に集金係りの男性はあのとき困ってた。
その気持ちも分かるけど、自分の心を大切にしないと
相手に配慮するとか、常識に合わせるということがどんどん過剰になっていく。
過剰になると、それを周りにも強要するということが起きる。
その先には争いがある。
最近日本でも過剰ゆえに起きた事件がいくつかあった。
コロコロコミックス回収とか、マルイの太もも展中止とかとか、、、
可視化されてきているのは、みんなが向き合うべき時期なのではないかな。

とにかく私は常識にしばられないひとたちを愛している。
だけど本来全ての人間はこれが出来ることも知っている。

人間と小さな生き物

人間と小さな生き物

人間は高性能な計算機能(脳)を持っている。
昆虫などの小さな生き物は、必要最小限の計算機能を持った生き物だ。
人間は、ある国に生まれ、その社会でインプットしたデータをベースに多様な考えをもつ人間たちとなる。
そして、高性能ゆえにこの世界のルール「いきのこる」を守るために感情を身につけてしまった。
小さな生き物たちは、この世界を維持するためだけに決められた働きをしている。
環境に合わせて進化もするが、この世界を保つことだけに忠実だ。
人間はどうだろう。感情という機能を備えてしまったがために
とても単純なこの世界の仕組みを理解できなくなってしまった。
人間はそれを知らずに感情に忠実な社会を作り、その社会はいずれ行き詰まる。
この世界の本質をベースにした社会ではないからだ。
悟った人間は、この当たり前の世界の仕組みを知る。
小さな生き物と同様に、自分自身がこの世界を維持するための装置だと気づく。
すると、いままで使われていなかった計算機能部分が解放され
仕組みを理解したうえで、世界を再構築することを試み始める。
人間は人間を救済するために、苦しみを乗り越えて、本質にまた戻っていく。