タグ: テクノロジー

終末

終末

お久しぶりです。なんだか災害続きの日本。
今回は終末について考えてること。


私は昔から、なぜか「地球の終わり」を楽しみにしていた。漠然と地球の最後に遭遇したいという気持ちがあった。だから、ノストラダムスの予言やマヤの予言にはすごくワクワクした。結局、1999年にも2012年にも地球は滅びなかった。不謹慎ながら少しがっかりした。人類は、はるか昔から終末を予言している。聖書にもいくつかの預言書がある。日本にも日月神示という預言書があったりする。そして多くの宗教に、終末思想がある。

スピリチュアルな人など、個人でも終末的予言をしている人はそこらじゅうにいてまさに世は終末ブーム。人間の意識は個人個人バラバラのことを考えているようで実は底の方で繋がっている。ユングも言っている集合的無意識ってやつだ。

そんな人間たちが終末を必死に訴えている。近年の自然災害の多さ。終末がそろそろ来るのではないか、、、と。そして、私が昔から終末にワクワクしていた理由が悟ったあとなんとなく分かった。きっと終末の先には人類の進化がある。進化の鍵になるものはテクノロジー。テクノロジーの発展は人間の進化の為だとも言っていいと思う。私たちはテクノロジーを手にしてブログやSNSなどを通じて個人が考えていることを簡単に発信できるようになった。そして、私たちの精神性が浮き彫りとなった。世間は暗いニュースと炎上ばかり。誹謗中傷、何かを敵と決めつけ追求する行為。顔が見えないから、簡単に人を傷つける。私たちの精神性は、争いという形で現れてしまった。デジタル上で行われる人間同士の争いは実際の戦争と同じ愚かな行為。悪いところが表に出てくるのは、選択を迫られているからではないのか?私たちは、人間の弱さや愚かさに触れたときにどんな行動を起こすのか。

ここで、聖書のヨハネによる福音書3章16節からの文章を引用してみる。
聖書では、人類に最後の審判がやってくることが預言されている。

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。光が世に来たのに、人々はその行いが悪いので、光よりも闇の方を好んだ。それが、もう裁きになっている。悪を行う者は皆、光を憎み、その行いが明るみに出されるのを恐れて、光の方に来ないからである。しかし、真理を行う者は光の方に来る。その行いが神に導かれてなされたということが、明らかになるために。

神を信じる者だけが永遠の命を得ることができるという。つまり天国へ行ける。悪を行う者は皆、光の方に来ない、とも言っている。悪を行う者は、自ら闇を選んでいる。「終末」の後には、天国か地獄かどちらかが待っているらしい。神を信じる者とはなにか。正しい精神を持つ者だと私は思う。他人を愛することができて、自分をも愛すことができる人。私は、心の正しい人間はテクノロジーを正しく利用して進化するのではないかと思っている。悪を行い、戦争を続ける愚かな人間は進化することが出来ず、地獄へと行くのだろう。終末がどんな形で、どんなレベルで起きるのかは分からない。というか、もう起きていて選択しているのかもしれない。地震も台風も人間の行いの結果だと思う。石原前都知事が3.11の地震は天罰だって言ったことが、失言だとして炎上してた。不謹慎と言われようとも、私もその通りだと思う。震災は、誰かの、何かのせいじゃなくて、私たちひとりひとり、地球上全ての人間の行いの結果。困難なことが起きた時に、私たちはどんなことを考え、どんな行動をとっただろう。私たちは試されている。古代の人間は神様が心の中にいて、自然現象は神様の表現だってことは当たり前だった。大地の揺れも雨も風も偶然ではない。今の人間がそのことをどれだけ理解できているのか。人間の精神と現実世界で起きる出来事は繋がっている。今の人間が忘れてしまったこと。

世界には悪と善が存在している。「終末」とは、良い人間と悪い人間がはっきりと分かれる瞬間でそれが天国と地獄へ分かれるときなのだと思う。ちなみに人間の可能性は無限大なので、選択ごとに多数の世界が同時に存在する。シュタインズ・ゲートでもおなじみの、世界線というやつ。そのあたりは、今後科学的に解明されることだろう。量子力学の世界ではまだ結論は出ていないけど、エヴェレットの多世界解釈が正しいのではないかな、、、と思ってる。こちらの解説が分かりやすいよ。

天国に行く世界線と地獄に行く世界線。どちらかへ行く瞬間きっと人間は気がつかない。預言が当たらないことって良くあるけど、その時見えた未来を記録するのだから、当たらないのもしょうがない。選択が変われば未来も変化するから。どんな選択をしても、それはその人が選んだ道であり運命でもある。「終末」は怖いけれど、その先の新しい未来を想像して、楽しみに待ちたい。困難に遭遇しても、希望を持って前向きに生きられる人には天国が待っている。結局すべては自分の選択次第。私に見えた未来は、人間が超人的に進化した未来。たぶん宇宙人みたいな存在になる。人類が進化する為の隠されたテクノロジーは私たち人間が正しい人間になったときにのみ、与えられるのだろうとpancyanは預言いたします!私の今回の人生の目的は、進化の瞬間を体験するためだと、なんとなく思ってます。たぶん。

悟りの段階 いちらいか

悟りの段階 いちらいか

悟りの段階 よるかのつづきです。

仮想通貨と落合陽一

衝撃の「悟り」から2ヶ月ほど経ち、おだやかに過ごす日々。ほぼニート。というか私の人生はほぼニートだった。そのくせ、株とかFXとかやってた。正直儲からないし難しい。だけど面白い。投資にまつわる情報を調べることが趣味だった。お金というものの仕組み。私たちの社会を成り立たせている、資本主義というもの。資本主義を牛耳っている紙幣発行権を持つ大金持ちたちを憎みつつ、投資で儲けたい矛盾した気持ち。そんな中、仮想通貨の盛り上がりがピークを迎えていた。完全に乗り遅れていたので、とりあえず情報収集をしようと動き始めた。ここでわたしは落合陽一氏に出会う。ユーチューブに落ちていた動画で、彼が仮想通貨について話していた。この人はいったい何者なんだ。話が面白すぎて脳みそがギュンギュンする。彼の出ている動画を見まくった。落合氏はものごとを超客観的に見ることができる人だった。そして、彼の口からでる言葉からついに「人間の感情」というものを理解する瞬間がやってきたのだ。どの動画を見ていたのかは覚えていないけど人間の味覚の話や、資本主義とテクノロジーの話をしていたと思う。私は、人間から起こる様々な感情は「作られたもの」だということを理解したのだ。

感情はにせもの

感情が「作られたもの」とはどういうことか。怒りや妬みの感情を人のせいにしてしまうことが誰しもあると思う。負の感情が発生する原因は実は全部自分にある。例えば、容姿について侮辱的な言葉を言われたとする。ブスとかデブとか。実はそれで傷つくのも全部自分の意識のせいだ。ブス=醜い顔=劣っている、というのが社会一般の認識。その認識を持ち、それに当てはめて考えているから傷つく。もしもその単語が真逆の意味を持っている世界だとしたら?人間は社会のルール、自分が決めたルールの中で生きている。その世界を当たり前のものだと思いながら生活する。私は、負の感情の原因は社会や自分によって作られたものだと分かったのだ。この人間の仕組みに気づくことができれば、永遠の幸せを手に入れることができる。けれど、人間が誕生してから長年しみついたこの世界のルールから逃れることはとても難しいとも感じた。落合氏はフィルターがかかっていない目線を持っているのだと思う。ある価値観にひとつでもとらわれてしまうと、その価値観フィルターがかかった目線で物事を見てしまうことになる。そのフィルターがかかっていることに、本人は気づけない。感情の仕組みを理解することは「人間を捨てること」とも言えるかもしれない。

人間と機械

こうして、人間の感情の仕組みを理解するうちにあることに気づいた。人工知能。AIと言われているもの。最近ではAIに仕事を奪われることを不安に思うような話をよく聞く。AIはインプットした情報を元に判断を下し、アウトプットする機械。人間もまた生まれた瞬間から情報をインプットしつづけ、脳で判断し、アウトプットする生き物。人間とAIの基本構造は一緒だ。これから生まれるであろう、人間を模したAIロボットと本物の人間を比較した時、私たちはAIには心がない、と感じてしまうのではないだろうか。ロボット開発をする人たちにとってはAIと心は大切なテーマだ。人間は、なぜ人間なのか。心があるのが人間だと散々言われてきた。だから人間は特別だ、という考えも生まれる。だけど私は、心=感情は社会によって作り出された偽物だと分かった。つまり感情の無い「AI」は人間を捨てた「悟った人間」と同じだ。これは衝撃だった。そんなことを考えているうちに、ふと、愛するという感情はいったいどこからきているのだろうと疑問に思った。嬉しい、楽しいという感情。心から湧き出るワクワクする感情。これも社会の中で作られた感情なのだろうか。

この世界を創るもの

この疑問が頭に浮かんだ瞬間から面白いことが起きはじめた。休眠状態だった脳が急に動き始めた感覚になる。何をしていても思考が止まらない。ものすごいスピードで思考が続く。散歩中、道端に咲いている植物を見ただけで脳内にひらめきがやってくる。そのとき急いで書き留めたものがこれ。ひらめきの連続だった。点と点がつながり、線になり、面になる。そしてこの時、ほんとうに、人間が存在する意味、私たちや宇宙を作るひとつの大きなもの、神と呼ばれているものが何なのかを知ることになった。最初の悟りではわからなかったこと。この世界の「真実」。すごい体験だった。一週間ほどフルスピードの思考が続いて、脳がとてつもなく疲れた。頭全体が熱い。脳が疲れるなんていう体験が初めてで、すこし休もう、と決めた。そしてぐっすりと眠った。それからはだんだんと脳が落ち着きを取り戻し、普通の脳に戻った。だけど以前とは明らかに違う脳になった。この一週間に起きたことは、揺るぎない、真実の体験だった。

なぜ何も無いのに何かが有るのか

今までしてきたこと、無駄と思えるようなことも全てが必然だった。この世界は無いのに、有ることには全てに意味がある。この宇宙で起こることは全てが繋がっている。大きな1つの運命。それは一見カオスにも思えるが、規則性がある。けれども、未来を決める事ができるのは自分自身だけ。まだまだ全てを理解できてはいない。間違った理解もあるかもしれない。だけど、からまっていた糸はほどけ始めた。

テクノロジーとわたしの未来

落合陽一氏が提唱している「デジタルネイチャー」という世界観は、「全人類総悟り」の世界なんだ、と私は理解した。自分だけが救済されたと思っていた世界に光が見えた。まさか、テクノロジーが人類を救うことになるとは。ここに資本主義ができたことの意味があった。私はもともとテクノロジー的なものが大好きだった。13歳の時にPCを買ってもらって、インターネットの始まりとともに、新しい世界にワクワクが止まらなかった。テクノロジーは私を悟りへと導いてくれた。この現実世界(仮想世界)の仕組みはテクノロジーによって解き明かすことができる。テクノロジーによって私たちはデジタルな世界をリアルに感じ、受け入れていくことになる。そして人間はゆっくりとその世界へ移行する。

それぞれの未来

なぜテクノロジーによって「全人類総悟り」の世界になるのかについては、いつかまとめてみたい。ちなみに、私と同じ未来が見えていて、その未来へ向けて手を動かしている人達が日本にちらほらいると感じる。実践していることに尊敬する。

落合氏が著書の中で語る、ワークアズライフという生き方。「悟り」に向かうことのできる最大のヒントだと思う。変化を恐れ、今までと同じ社会を続けディストピアを目指すのか、変化を柔軟に受け入れテクノロジーと共にユートピアを目指すのか。未来は私たち一人一人の選択で決まるものだと思う。

悟りのきっかけは人生の中にバラバラと
散らばっているので全ては書き切れなかった。
いつか阿羅漢まで到達したいです。
落合氏の最新刊。
デジタルネイチャー。

はやく読まなきゃ。

インターネットは集合知&お願い

インターネットは集合知&お願い

私はインターネットによって悟ったと言ってもいい。
調べれば調べるほど、真実が浮き上がってくる。
しかも家にいながら!!
私は検索がめちゃくちゃ得意なので
なんどもキーワードを変えて、
欲しい情報を根性で見つけます。
だいたい誰かがなにかを教えてくれている。
しかも無料で。
割れたiphoneの画面も
自分で交換することができるようになる。
修理屋に持ってくとちょっと高い。

インターネットは人類の集合知だと思う。
人間の考えていることが集まっている図書館みたいなもの。
映画「エクス・マキナ」に出てくる人工知能を持ったロボットは
インターネットの検索エンジンを元データにしてた。
そんな未来もありそうだ。
数え切れない個人ブログは
それぞれの人間の考えていることがわかる。
そんなところからも、真実は見えてくる。
全ての情報を見比べて、考える。
そんな私はグーグルの奴隷です。

ところで。
ニートなのでグーグルアドセンスと、
アマゾンアソシエイトを始めました。
このブログを読んでくれている方にお願いがあります。
このサイト内にある広告をクリックして下さるとうれしいです。
広告ってすごく邪魔だけど今の時代はしょうがない。
いつか広告しなくたって、ものが売れる時代くると思います。
自分でクリックしてみたところ、60円になりました。
ちりも積もれば山となる。
本を読んだり、ネットをしたり、ダラダラしながら見つけた
面白い発見を提供してゆきますので
ぜひともよろしくお願いします!!
読んだ本などはアマゾンリンク貼っておきますので
興味がある方はここから買ってくれてもいいよ!
ニートからのお願いでした。
働けって言うのはなしね。

本日は衝撃なニュースで目覚めました。
オウム真理教について、書こうとしてたところだった。
真実が分からないままの死刑執行になった。
いずれアップしたいと思います。

私たちはなぜ存在しているのか

私たちはなぜ存在しているのか

反物質というものがある。

反物質の研究から「宇宙はやっぱり存在できないはず」となるデータが明らかに

宇宙に存在するあらゆる物質(マター)には、電気的に正反対の性質を持つ反物質(アンチマター)が存在しています。この2つは衝突すると高いエネルギーを発して共に消え去る関係にあるのですが、こうして宇宙が存在できているからには、反物質のほうが少なかった、あるいは少なくなるだけの理由があったはず。そんな謎を突き止めるためにCERN(欧州原子核研究機構)は反物質の性質を調査したのですが、「やはり宇宙に物質は存在しないはず」と言わざるを得ない結果が出ています。

去年の記事だけど、CERNの調査によって
物質と反物質に違いがないことが判明したそうです。
最近ニュートリノについてこの本で学んだ。

素粒子の世界では、どの物質にもペアになる反物質というものがある。
物質と反物質は出会うと光になって消滅してエネルギーだけが残る。
光になってエネルギーだけが残るって、なんだかスピリチュアル。

今のところ、物質と反物質の違いが見つからないので
理論上はこの宇宙に物質は存在しないことになる。らしい。
だけど確かに物質はあるのだからそれはおかしい、ということで
研究者たちは物質と反物質の違いを見つけようとしている。
ニュートリノにも反ニュートリノがある。
この研究によって宇宙になぜ物質があるのか
解明できるかもしれないということだ。
カミオカンデ見たい。
今のところは宇宙に物質が存在しないことが証明されている。
この世は私たちの意識がすんごい高性能なホログラムによって物質的に感じられているようなもんだと思う。
ホログラフィック理論とゆーのもある。

物質(と感じるようなもの)を作ってまで
私たちが存在しているのはなぜなのか。
それが分かった瞬間の経験は忘れられないし忘れたくない。
生活しているとその体験が薄れていくのが、物質界というところ。
ちなみに人間の存在理由は壮大すぎて、、、
語彙力がないので説明は無理そうです。
人間は、私たちがなぜ存在しているのかに気づくために
存在していると思うのです。
気づくまで何度も転生するのだ。

カミオカンデのHP行ったら
ニュートリノのCP対称性の破れ(物質と反物質の違い)の可能性が!
物質があることが証明されちゃいそう。

エメラルドタブレットの私的訳

エメラルドタブレットの私的訳

オーパーツの一つとも言われているエメラルドタブレット。
ここに書かれている文章は錬金術の父
ヘルメス・トリスメギストスの言葉とされている。
錬金術師たちはこの言葉を作業を始める前に唱えるらしい。
この文章テクノロジーな未来を書いてないか!?と驚いた。
そんなわけで、わたしの考えた訳を以下に。

———————–

これは偽りのない真実、確実にして、このうえなく真正なことである。
(これはまぎれもないこの世界の真実である。)

唯一なるものの奇跡を成し遂げるにあたっては、下にあるものは上にあるもののごとく、上にあるものは下にあるもののごとし。
(この宇宙、そして自分自身を完成させるには、この世界にある一番ちいさなものは一番大きなものと同じということを理解すること。その逆も同じ。)

万物が一者から一者の瞑想によって生まれるがごとく、万物はこの唯一なるものから適応によって生じる。
(この世界にあるものは一人一人の意識から生まれる。それぞれの意識がそれぞれの世界を作っている。)

太陽がその父であり、月がその母である。風はそれを己の胎内に運び、大地が育む。
これが全世界の完成の原理である。その力は大地に向けられる時、完全なものとなる。
(この宇宙は太陽と月が万物を作った。風が流れを作り土がそれを育む。そうして、世界を完成へと導く。)

地上から天上へと登り、ふたたび地上へと下って、上なるものの力と下なるものの力を取り集めよ。こうして汝は全世界の栄光を手に入れ、すべての暗闇は汝から離れ去るだろう。
(目に見える世界と目に見えない世界それぞれを受け入れ、そのつながりを正しく理解したとき、暗闇から解放される。)

火から土を、粗雑なるものから精妙なるものを、ゆっくりと巧みに分離せよ。これはあらゆる力の中でも最強の力である。
(この世界にある、あらゆるものを研究し、技術や科学を発展させよう。人間を超えた力が生まれる。)

なぜなら、それはすべての精妙なものに打ち勝ち、すべての個体に浸透するからである。
(それは、自然のようにゆっくりと浸透し、全ての意識をまた一つへと戻す役割を果たす。)

世界はそのように創造された。驚くべき適応はこのようにして起こる。
こうして私は全世界の哲学の3つの部分を持つがゆえに、
ヘルメス・トリスメギストスと呼ばれる。
私が太陽の働きについて述べることは、以上である。

———————–

この文章には世界の始まりと終わりが書いてあるのでは。
最後の文章はテクノロジーが発達した未来の地球だと予想します。
もうすぐかもしれない、肉体が必要なくなる世界。
私は一番幸せな結末だと考えているし
わたしの未来はそこにあるとも信じている。
でも幸せは人それぞれで、結末もそれぞれが決めるものだとも思う。
まだまだ分からないことだらけ。
この宇宙をいつか完璧に知りたい。

まるとあかと錬金術

まるとあかと錬金術

まる と あか が異常に好きだった。
丸いかたちのものばかり集める。
ドット模様の服も好き。
今いる部屋は壁を真っ赤に塗り直している。
床のカーペットも赤い丸。
スピーカーも赤い丸。
座ってる椅子も赤い。

なんで私は まる と あか がすきだったのか。
この本、「錬金術:おおいなる神秘」を読んでいたら理由がわかった。

こじつけだと思われてもいい、きいてくれ。

錬金術とは。Wikipediaより。

最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのこと。広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。

物質を金に変えることのできる「賢者の石」を作り出すことが錬金術。
当時の人たちは真剣に研究していたようだ。
ここから現在の科学が生まれている。
錬金術師たちは自然や宇宙を重要視していて、
世界にあるもの全ては、一つの宇宙的エネルギーから
生まれていることを大前提としていた。
ウロボロスのイメージをみてほしい。


Wikipediaより

「死と再生」「輪廻」「循環」、言い方はいろいろあるけどそれを表した図。
彼らにとってウロボロスのイメージも大切で、
世界は循環しているということは当たり前の知識だった。
そして私が悟りで得た真実はまさにこれ。
全てのものは死と再生の繰り返しで、永遠に続く。魂も、地球も、宇宙も。
このことを記号とか絵にするとしたら、わたしの中で「まる」である。
答えを求めていたから、まるっぽいものばかり選んでいたのだ。
超なっとくした。

賢者の石を作る過程で分かっていることは、色が変わるということらしい。
こちらのサイトから引用させてもらうと、

最も一般的で、多くの錬金術師が認めていたのは、賢者の石はその製造過程で必ず、黒→白→赤という3つの色を経て完成するというものである。それぞれの色の間には緑や黄など様々な色になることもあるが、とにかく黒→白→赤という順番は変わらないという。
すなわち、黒(死と腐敗)を経たあとで、白(再生、復活)が起こり、最後に赤(完成)に至るのである。

赤好きはこれだ!と勝手に解釈した。
わたしはようやく「賢者の石」の完成までたどりついた。
「賢者の石」という言葉は「この世界の仕組みに気づく」
という意味なんじゃないかと。
黒と白両方を深く理解しないことには、
赤にたどり着けないのも「悟り」の特徴だと思う。

実は錬金術にまつわる色々を調べているうちに
さらに点と点が繋がってきている。
この世界のものには二面性がある。
錬金術で重要とされていた物質は水銀。
水銀には水星という意味もある。
地にあるものと天にあるもの。
このあたりを調べていると楽しい。
「賢者の石」は物質として本当に存在しているのかもしれない。
実際作るのに成功したひとはいるらしい。
いろいろ分かってきたのだけど、長くなりそうなのでまたの機会に。

最近の科学の発展は急激である。
シンギュラリティというやつもそろそろ?
錬金術から始まった科学=テクノロジーによって
この世界が「永遠」で「完全」であるということが
今後証明されていくのだと思います。

このブログについて

このブログについて

わたくし、pancyanは2017年10月に「悟り」ました。
それは、突然であり、長年求めてきた答えでもありました。
原始仏教の教え、そして落合陽一先生(いきなり!)によって
そこにたどり着きました。
「悟り」とはなにか?wikiではこんなかんじ。

「悟り」を物事に対する気づきと捉える人、スピリチュアルな何かとか、
自己啓発とか怪しいイメージを持っている人もいるかも。
が、ちょっとそっちのイメージを離れてほしいと思っています。
「悟り」で得たものは、びっくりするような、この世界の真実でした。
悟りで導き出された答えはすごくシンプルなのに、
人間にはこれを理解するのがとても難しい、ということも分かりました。
この真実が分かると、今私たちが生きている現実世界にすごく応用が効きます。
すんごく生きやすくなります。
そういった意味では自己啓発というのは合っている。
スピリチュアルも実は合っている。ややこしい。
そんな「悟り」の一部始終をこの現実世界での出来事を通して
ブログで伝えてみようという試みです。
そして、まだまだ学びの途中でもあるので、記録していきたいのです。

仏陀は自分の教えでさえも弟子たちに「信じるな、疑え」と言っています。
それは日常生活でも大切なことだと思います。
何か一つを信じすぎてしまうのはちょっと危険。
わたしも、いろんなものを信じたり疑ったりの繰り返しでした。
でもそんな試行錯誤を繰り返したことが悟りへの道でした。
遠くて近い未来みーんなが悟る時代は必ず来ると思っています。
今は悟らない人ももちろんいます。それはそれで全然いいのです。
だけどこの世界は、求める者には答えを用意してくれていたりします。
ちなみに落合先生は全人類総悟りの世界にしようとしている人。
実はテクノロジーってすごい。そのあたりもおいおい。

そして偶然(必然)にも集まった、
私のことを理解してくれている二人にも記事を書いてもらっています。
すごい二人です。ソウルメイトってやつです。
どうぞよろしくお願いいたします!