タグ: スピリチュアル

私たちはなぜ存在しているのか

私たちはなぜ存在しているのか

反物質というものがある。

反物質の研究から「宇宙はやっぱり存在できないはず」となるデータが明らかに

宇宙に存在するあらゆる物質(マター)には、電気的に正反対の性質を持つ反物質(アンチマター)が存在しています。この2つは衝突すると高いエネルギーを発して共に消え去る関係にあるのですが、こうして宇宙が存在できているからには、反物質のほうが少なかった、あるいは少なくなるだけの理由があったはず。そんな謎を突き止めるためにCERN(欧州原子核研究機構)は反物質の性質を調査したのですが、「やはり宇宙に物質は存在しないはず」と言わざるを得ない結果が出ています。

去年の記事だけど、CERNの調査によって
物質と反物質に違いがないことが判明したそうです。
最近ニュートリノについてこの本で学んだ。

素粒子の世界では、どの物質にもペアになる反物質というものがある。
物質と反物質は出会うと光になって消滅してエネルギーだけが残る。
光になってエネルギーだけが残るって、なんだかスピリチュアル。

今のところ、物質と反物質の違いが見つからないので
理論上はこの宇宙に物質は存在しないことになる。らしい。
だけど確かに物質はあるのだからそれはおかしい、ということで
研究者たちは物質と反物質の違いを見つけようとしている。
ニュートリノにも反ニュートリノがある。
この研究によって宇宙になぜ物質があるのか
解明できるかもしれないということだ。
カミオカンデ見たい。
今のところは宇宙に物質が存在しないことが証明されている。
この世は私たちの意識がすんごい高性能なホログラムによって物質的に感じられているようなもんだと思う。
ホログラフィック理論とゆーのもある。

物質(と感じるようなもの)を作ってまで
私たちが存在しているのはなぜなのか。
それが分かった瞬間の経験は忘れられないし忘れたくない。
生活しているとその体験が薄れていくのが、物質界というところ。
ちなみに人間の存在理由は壮大すぎて、、、
語彙力がないので説明は無理そうです。
人間は、私たちがなぜ存在しているのかに気づくために
存在していると思うのです。
気づくまで何度も転生するのだ。

カミオカンデのHP行ったら
ニュートリノのCP対称性の破れ(物質と反物質の違い)の可能性が!
物質があることが証明されちゃいそう。

私の頭の中の…

私の頭の中の…

あるときラムニンちゃんと話していて、
ぱんちゃんの悟りはきっとこうなんだよ
とグラフで表現してくれた。
ふつう?の悟りは右肩あがりのグラフでなだらかな悟り。
わたしの悟りは階段みたいなグラフで急激な悟り。
確かに、わたしのはいろいろぶっ飛ばして
いきなり頭にズカーンと来た。

幼い頃からぼーっとして生きてきた。
保育園のできごとを思い出す。
壇上に他の子供たちと楽器を持って並んでいる。
目の前には大人が沢山いる。
どうやら音楽の発表会らしい。
演奏が始まったけれど、私は持っている楽器を弾く方法を知らない。
突然その場所に放り出されている気分だった。
焦ったわたしは演奏しているフリをして
なんとかその発表会を乗り切った。
これはわたしが初めてこの社会に居ることに
気づいた体験だったのかもしれない。
それまではきっと夢の中に居たのだと思う。

学習というものが苦手だった。
中学も高校も授業中は大体寝てた。
とにかく授業に集中できないので
絵を書いたり妄想したり。
何を勉強したかと言われても
びっくりするほどなんも覚えてない。
よく大学まで行けたな、、、
だけど、物事の本質のようなものをつかめる感覚がある。
うまく説明できないけど、とにかくそう感じる。
この感覚のおかげでなんとか生きてこれたのかもしれない。
何年か前、新宿のとある占い師さんに手相を見てもらった。
天才的把握力がある、と言われたんだけどこの感覚のことだったのかも。
だからといって成績がいいわけでもないし
特になにも成し遂げていない。
だいたい中途半端。

自分が考えていることを人に伝えるのが
世界で一番下手だと自信を持って言えるほど、下手だった。
口に出そうとすると、とたんに全ての思考がバラバラになる。
わたしの思考していることは、頭の中だけにしか
留めておけない仕組みになっているみたいだった。
その思考は一瞬の驚きをもたらすことが度々あった。
そうか!そうだったのか!と
物事の意味を確信する体験なのだけど
その脳内のひらめきは、他の行動を開始したとたん
なぜかすぐにかき消される。
何分後かには、きれいさっぱりと忘れる。
内容を文章に残す能力もなく、、、そんなひまもなく。
その驚きの感覚だけは今でも思い出せる。

悟り以降、脳の働きが解放された実感が確かにある。
急にアウトプットできるようになった。
やっと人並みに伝えられるように。
34歳にして学習というものをしている。
頭の中で起こるあの驚きの感覚(ひらめき)を
留めておけるのがなにより嬉しい。
嬉しすぎてブログ書いてるのかも。

この世界の真実

この世界の真実

みなさま大変おまたせいたしました。
突然ですがこの世界の真実を発表したいと思います。
この世界は全て人間の妄想の中でした…!!
他サイトの引用になりますが、仏教が人間のしくみを説明してくれています。

妄想を作る働き(Papañca)

ヴィタッカの次に、とんでもないことが始まります。「パパンチャ・papañca」ということ。ヴィタッカは「花」とか「人」とか「建物」などと瞬間的に考えることですが、その後に、欲や怒り、憎しみ、悲しみ、後悔、嫉妬などのさまざまな感情が湧き起こってきて、頭の中でごちゃごちゃ考え始めるのです。これをパーリ語で「パパンチャ」と言います。パパンチャは訳しにくい言葉ですが、「現象」とか「妄想」という言葉が一番適切で、理解しやすいでしょう。実際には無いものを有ると考えて、実体化、固定化することです。

たとえば四人で友人の家に行ったとしましょう。部屋に入ると新しいカーテンが掛かっているのが見えました。見えた瞬間、四人とも「カーテンだ」と分かります。これはヴィタッカの働きです。次の瞬間、それぞれの人の心に何らかの感情が湧き起こり、知識というへんなものが生まれてくるのです。たとえばAさんはカーテンを見て「明るくてきれい」と言うし、Bさんは「色は好きだけど模様がへん」と言います。Cさんは「色が派手すぎる」、Dさんは「色も模様も好きだけど生地が薄い」などと、みんな別々のことを言うのです。ですから、同じ一つのものを見ても「何を考えるか」は人によって違うのです。みんな、自分の頭の中で合成して現象化したものを喋っているのであって、事実を喋っているわけではありません。このようにして、外のものが眼に触れた瞬間、心の中に「妄想」という複雑で巨大なエネルギーが現れてくるのです。

人間が考えたことが現実となった世界がここなのです。
実は「悟る」ということはこれが完全に分かる、ということなのです。
なんと、現実世界において量子力学でそれが証明されているのです。
私たちをつくる元になっている小さな小さな単位、原子。さらに小さな単位は素粒子。
原子というものは、原子核のまわりに電子が回っているのですが、
電子の場所は分かりません。しかし、確率で電子の場所がだいたい分かります。
もやもやとした雲のようなもので確率を表すことができます。
これを電子雲と言います。雲が濃いところに電子がいる確率が高いのです。
そして、人間が電子の位置を特定した瞬間に電子雲はシュッっと消えて、
位置が決定されるのです。

そして、有名な二重スリット実験も分かりやすいと思います。

素粒子は人間が観察するかしないかで、動きを変えるのです。
まるで人間が見ていることを知っているかのように。
そんな物質がこの私たちの世界を作っているのです。
もやもやしたものが世界を作っているとは不安すぎやしませんか?

このことがなぜ現実世界になるのか。
すごくおおざっぱにいうと、もやもやとした不確定な原子は、
人間の決定によってその姿をはっきりとさせます。
つまり人間が自分の意志で決めたことが現実に収束するのです。
これが人間の意志がこの世界の物質を作り出しているということの証明なのです。
妄想といえども、作られたから現実なのです。
人間は目や耳や鼻という感覚器官を通し、脳みそで妄想として感じたものを
こうだ!と決定します。それを出力し、現実社会を作り出します。
原始仏教で教えていることは、量子力学で解明されようとしているのです。
信じるか信じないかはあなた次第です。

とかなんとか言って、量子力学難しいのでへんなとこはお許しください。
でもだいたいこーゆーことだと思ってます。
この世界で起こる全てのことに真実は隠されている。
いや、隠されていないのに気づかないだけなんだ。

アセンション2

アセンション2

またまたメタフィジックス通信より。

アセンション症状としての忘れっぽさ
またアセンションのプロセスにおいて、エネルギー的な変化を経験する場合、そのエネルギーを体内で処理するのに体の機能を使い、日常の些細な出来事にまで気を回せなくなるといった現象も起こります。これらの症状の場合、エネルギーがある程度、統合されれば落ち着きますが、どれくらい時間がかかるかは、本当に人それぞれですし、アウェイクニングの段階にもよります。

これ!!
ここ何年か、本当に忘れっぽくて自分でもちょっと怖かった。
昨日のちょっとした出来事が全然思い出せないことが多くて困ってた。
アセンション症状だったのねー。なるほど。
でも、悟りに必要だった重要な出来事はしっかりと覚えているのが不思議。
忘れっぽさは今は少しましになっていると思う、、、たぶん。

アセンション1

アセンション1

スピリチュアル界隈では、悟ったことを
アセンションしたとか、アウェイクニングとか、シフトするとか
いろいろな表現があるようだ。
最近メタフィジックス通信というサイトが好きでよく見ている。
アセンション症状についての記事が面白かった。
あてはまったのもあった。

1.3桁のゾロ目の数字
時計や車のナンバーなど、あらゆる場所に3桁、もしくは2桁、4桁のゾロ目の数字が表れます。
特に11:11(イレブンイレブン)が有名どころですが、それ以外にも、2:22、3:33、10:10、8:55など、
奇妙なシンクロニシティーが常に起こります。
高次のエネルギーが、あなたの注意を引こうとしているのです。

ゾロ目はよく見た。
夜中ふと目が覚めて、時計見るとゾロ目だったり。
ナンバーの意味とかよく調べてた。

3.生活のシンプル化
身の回りの所有物やライフスタイル、生活習慣などについて、
自分に本当に必要な最小限度にシンプル化したいという要求が生まれます。

悟り前〜後は物欲が割となくなって、家のいらないものをいろいろ売った。
あと粗大ゴミもたくさん出して、家をすっきりさせた!

4.感覚の鋭敏化
神秘的な体験やシンクロニシティーの増加、これまで注意を向けてこなかったか、信じられず、受け入れてこなかった世界観への理解が深まります。

昔からたまにあったけど、悟り後、部屋の植物が水を欲してる感じが分かったような気がする。気がするだけかも。

7.皮膚のトラブル
皮膚は、毒素の排出器官としても機能します。感情の浄化やエネルギーバランスの不和が、かゆみや吹き出物、肌荒れなどの皮膚トラブルとして現れることもあります。

これは!!悟り後、脳みそフル回転で宇宙のことが次々とわかっていった時期、口の周りに吹き出物が大量発生した!吹き出物なんてこんなにできたの初めてだったので何事かと思ったがアセンション症状だったのか。揚げ物の食べ過ぎという説もある。

10.耳鳴り
ホワイトノイズ(テレビの砂嵐のようなコンスタントな音)、電気音などが強くなり、それがメッセージとなって聞こえることがあります。

これも最近多かった。耳鳴りはよくあるからあんまり気にしてなかったけど。
メッセージは聞こえないから聞いてみたい。

13.あらゆる人や状況が、自分のティーチャーとなる
自分の前に現れるあらゆる人や状況が、まるで自分をより深く知るためのヒントを与えてくれるティーチャーになります。映画や本、出来事だけでなく、太陽や地球、星、自然など、文字通り、ありとあらゆるものから、より良く生きるためのヒントを学びます。

これはもう悟ってからすごい。人に会って、はなして、そのことを反芻することによって自分のことがもっと分かるし、世界のことも分かるようになる。自分の過去の体験とかも、思い出して考えるといろいろ発見がある。この感覚は今までなかったのでとても楽しいし、面白い。

15.高次の視点が日常的なものとなる
スピリチュアルな真実をより深く理解し、あらゆる人のあらゆる道に敬意を払い、それを尊重できるようになります。

これもそうかもー。
ありとあらゆるものに愛を持って接することができている。
この世界では悪と言われているものだって。
本当に心が落ち着いているのを感じる。

17.アカシックレコードとつながる
アカシックレコードにアクセスできるようになると、自分の他の転生での経験を通じて、今ある自分に対するより深い理解が可能となり、なぜ自分はここにいるのか、学ぶべきレッスンとは何かが分かるようになります。

まだアカシックレコードへはアクセスできていないのですが、
地球上での自分の使命をなんとなく探しはじめている。
早くしりたい。誰か教えて。

18.瞑想が深くなる
瞑想を単なるリラックステクニックとして使うのではなく、エネルギーワークや視覚化ワーク、アストラルトラベルなど、より目的を伴うものとして行うようになります。

瞑想は悟り前にちょっとやってたけど、飽きる、、、笑
今は特になんもやってない。

21.集合としての人類に対する理解が深まる
個々の出来事の是非を気にするよりも、集合としての人類のあり方や、その進化を理解し、大きな視点から物事を眺めるようになります。

うん。宇宙からものごとを見るようになった。進化を見守る感じ。偉そー。

こういったスピリチュアルサイトは昔から好きで見ていたんだけど
悟ったあとは本当に意味が分かるし、なるほど!となるので読んでいて面白い。
以前はなんとなーく、こんな世界があるんだろうなぁてかんじだったから。
スピリチュアル界隈の人々は真実を言っていたんだなー。とてもうれしい。