同じ人生を繰り返している人へ

ネトフリでこれみました。
「Russian Doll」
ドラマシリーズですが、完結しているのでいっき見できます。

NETFLIX公式よりあらすじ。

超現実的なタイムループに入り込んだナディア。36歳の誕生会の夜を繰り返し体験する彼女は、何度も訪れる自らの死から逃れられなくなる。

オカルト板でみつけた人のこと

去年、私は2ちゃんねるのオカルト板でこの主人公のような体験をしている人を見つけた。その彼女は、こんなスレッドを立てていた。

過去にいた人生が正しいので、戻りたい。何度も違う人生を繰り返していて、苦しい。誰か過去に戻る方法を教えて欲しい、というスレだった。書き込み数が少ないスレだったのだけど妙に引き込まれた。方法が分からなければ自殺します、という書き込みを最後に確認してからそのスレは訪れていないけど。

もし彼女が実在するとしたら。もしもこのブログを読んでくれていたとしたら。伝えたいことがある。

繰り返す意味

ドラマの主人公、ナディアはなぜ同じ夜を繰り返すのか。オカ板の彼女はなぜ、苦しい人生を繰り返していて、過去の人生に戻りたいのか。
二人の共通点は、与えられた人生を生きることの意味気がついていないことであるとおもう。逆に言えば「この人生の意味を知りたい」という強い想いがあるのだろう。

自分を受け入れること

ナディアは孤独を愛していて、他人を受け入れることの大切さを理解できていなかった。またオカ板の彼女は、苦しみのある人生を受け入れることができていなかったと思う。現実を受け入れないことは、自分自身を受け入れていないことでもある。自分を否定することは、暗闇の人生を生きているようなもので、それはとても苦しい。

ほんとのところ人生はループしている

私たちは今生きている人生だけが存在して、死んだら終わりだと思っている。本当は死んだあとも続いてる。私たちはいろんな人生を繰り返している。それこそループしているようなものだ。そろそろ人間もこのことに気がついていいはずなんだけど。最高の人生だけが正しい訳ではない。最高の人生にたどり着きたいのならば、まずは今の人生を受け入れないと次に進むことができない。

とにかく見て

人生をループしている人、過去に戻りたいと思っている人は今すぐNETFLIXにはいって「ロシアンドール」みて!そして、自分を愛してあげて下さい。

このドラマ、ジャンルはコメディで脚本・監督が全て女性陣らしい。登場人物がおしゃれなのが良い。軽い感じで見れるのに、いろいろ真理すぎる。実はもう一人男性が出てくるんだけど、この世に女と男が存在する理由とか…ナディアはプログラマーだし、ユダヤ教出てきたり、アート、薬物、世界線。オカルト要素がたくさん。最終回、最後のシーンがすごく好き。泣いた。

戒め

最近、同じようなテーマのものばかり見せられている。
「ユピテルとイオ」とかテレビでやってた「ローグワン」の最後の30分くらいだけとか。希望を忘れるな!という戒めらしい。わかってるよ!と言い返したくなるけど、自分を信じ続けるには、そういった戒めが必要だ。人間は簡単に信念が揺らぐものだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA