まるとあかと錬金術

まるとあかと錬金術

まる と あか が異常に好きだった。
丸いかたちのものばかり集める。
ドット模様の服も好き。
今いる部屋は壁を真っ赤に塗り直している。
床のカーペットも赤い丸。
スピーカーも赤い丸。
座ってる椅子も赤い。

なんで私は まる と あか がすきだったのか。
この本「錬金術:おおいなる神秘」を読んでいたら理由がわかった。
こじつけだと思われてもいい、きいてくれ。

錬金術とは。Wikipediaより。

最も狭義には、化学的手段を用いて卑金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのこと。広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指す。

物質を金に変えることのできる「賢者の石」を作り出すことが錬金術。
当時の人たちは真剣に研究していたようだ。
ここから現在の科学が生まれている。
錬金術師たちは自然や宇宙を重要視していて、
世界にあるもの全ては、一つの宇宙的エネルギーから
生まれていることを大前提としていた。
ウロボロスのイメージをみてほしい。


Wikipediaより

「死と再生」「輪廻」「循環」、言い方はいろいろあるけどそれを表した図。
彼らにとってウロボロスのイメージも大切で、
世界は循環しているということは当たり前の知識だった。
そして私が悟りで得た真実はまさにこれ。
全てのものは死と再生の繰り返しで、永遠に続く。魂も、地球も、宇宙も。
このことを記号とか絵にするとしたら、わたしの中で「まる」である。
答えを求めていたから、まるっぽいものばかり選んでいたのだ。
超なっとくした。

賢者の石を作る過程で分かっていることは、色が変わるということらしい。
こちらのサイトから引用させてもらうと、

最も一般的で、多くの錬金術師が認めていたのは、賢者の石はその製造過程で必ず、黒→白→赤という3つの色を経て完成するというものである。それぞれの色の間には緑や黄など様々な色になることもあるが、とにかく黒→白→赤という順番は変わらないという。
すなわち、黒(死と腐敗)を経たあとで、白(再生、復活)が起こり、最後に赤(完成)に至るのである。

 
赤好きはこれだ!と勝手に解釈した。
わたしはようやく「賢者の石」の完成までたどりついた。
「賢者の石」という言葉は「この世界の仕組みに気づく」
という意味なんじゃないかと。
黒と白両方を深く理解しないことには、
赤にたどり着けないのも「悟り」の特徴だと思う。

実は錬金術にまつわる色々を調べているうちに
さらに点と点が繋がってきている。
この世界のものには二面性がある。
錬金術で重要とされていた物質は水銀。
水銀には水星という意味もある。
地にあるものと天にあるもの。
このあたりを調べていると楽しい。
「賢者の石」は物質として本当に存在しているのかもしれない。
実際作るのに成功したひとはいるらしい。
いろいろ分かってきたのだけど、長くなりそうなのでまたの機会に。

最近の科学の発展は急激である。
シンギュラリティというやつもそろそろ?
錬金術から始まった科学=テクノロジーによって
この世界が「永遠」で「完全」であるということが
今後証明されていくのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA